パンサラッサ近況

【2019年10月12日】  スタートを決めて、道中は2番手。楽な手応えのまま4角で先頭に立つと、直線では後続に大きくリードを広げて最先着。嬉しい初勝利となりました。
「少し頭が高い走りですから、今日のような(不良)馬場もこなせるのではないかと。実際、返し馬でも大丈夫でしたので2番手からの競馬としました。相手がこの馬場を苦にしたことも多分にあるとは思いますが、それにしても強かったですよね。最後はまったく追っていないですし、今後が楽しみになりました」(坂井騎手)
◆大雨による特殊な馬場状態も何のその。走破時計は2分8秒台ですが、4角から見る見るうちに後続を突き放し、大差をつけての先頭ゴールは圧巻。道悪の巧拙が出たとは言え、能力がなければできない芸当だけに楽しみは広がります。「3戦目で大分気合いも乗ってきたようだ。ここを勝ってお休みを挟んであげたいと思っていた」と調教師。その思惑通り、このあとはリフレッシュ放牧に出し、連戦の疲れを癒してあげる予定になっています。(HTC)

TOPページ
Copyright © Hiroo Thoroughbred Club All Rights Reserved.