デプロマトウショウ' 18近況

【2020年5月29日】  吉澤ステーブル在厩。BTCの坂路やグラスコースなどを併用し、おもにハロン17〜20秒ペースのキャンターを消化。機を見て、15−15程度を乗り込まれています。馬体重466kg(5月下旬測定)
「長めの距離でも終いまで息切れすることなくケロッとしているように、着実に心肺機能が向上していますね。屋外では平常心で走れるものの、屋内坂路の併走になるとムキになりがち。今後もストレスを溜めないように工夫を凝らしつつ経験値を高め、心身のさらなる成長促進に努めていきたいと思います」(本田広報担当)

TOPページ
Copyright © Hiroo Thoroughbred Club All Rights Reserved.