2015年2歳馬募集
201304-1
ドゥオーモ
募集終了
栗東
厩舎予定
8歳 鹿毛 2013.05.08生 新ひだか産
父:ディープインパクト 母:アスクコマンダー (母の父:コマンダーインチーフ)
販売総額 6,400万円 / 総口数 400口
一口価格 160,000円
血統診断
アスクコマンダー2013の曾祖母は桜花賞を制したシャダイカグラ。シャダイカグラは阪神の1600Mの大外枠から大きく出遅れて桜花賞を制した伝説の牝馬ですが、その彼女がジェイドロバリーとの間に送り込んだのが本馬の祖母である エイブルカグラです。エイブルカグラのデビュー戦は衝撃的で、2着に7馬身差をつけて圧勝し、札幌1200Mの2歳レコ ードを記録しました(このレコードは18年間保持される)。エイブルカグラは新馬戦のみで引退して本馬の母アスクコマンダーを初仔として送り込みました。アスクコマンダーは忘れな草賞に勝ちオークスに出走(12着)。その後、三田特別(阪神2200M)でレコード勝ちを収めます(エイブルカグラと同じ7馬身差で圧勝)。このレコードはアーネストリーが宝塚記念で更新するまで保持されていました。 桜花賞馬から2代に渡ってレコードホルダーが出現している事からも、この一族が持つ遺伝子が優秀だという事が確認できます。アスクコマンダーが送り込んだ本馬の姉トレノエンジェルはキャリア2戦でスイートピーSを勝ちオークスに出走して母と同じ着順12着に入線しています。そして遂に満を持してディープインパクトが配合されたのが本馬アスクコマンダー2013です。阪神2200Mのレコードホルダー×ディープインパクトという顔合わせだけでも胸が躍りますが、本馬は配合面からみてもとても魅力的なデザインが施されています。 本馬はディープインパクト×コマンダーインチーフという配合形式で生産されています。ディープインパクトの母父Alzaoとコマンダーインチーフの父ダンシングブレーヴは共にLyphardを父に持ち、互いの母父Sir IvorとDroneがニアリーな関係にありニックスの関係が成立しています(Sir Gaylord×Mahmoud×Pharamond×Sir Gallahad=Bull Dog×Alcibiadesが共通→Alzao≒ダンシングブレーヴ)。 さらに言うならばこのAlzaoとダンシングブレーヴにHail to Reasonが入るのがディープインパクトとコマンダーインチーフなのでディープインパクト≒コマンダーインチーフと記しても良いほど両者は共通した先祖を共有しています。コマンダーインチーフは無敗で英国・愛国の両ダービーを制した名馬。ディープインパクトとのマッチングによりこの一族の集大成といえる馬になっても不思議ではありません。アスクコマンダーが送り込む真打登場と言って良いでしょう。