残100口
201505-1
スイートマカロン' 15
美浦
厩舎予定
2歳 栗毛 2015.03.20生 新ひだか産
父:ディープブリランテ 母:スイートマカロン (母の父:Tale of the Cat)
販売総額 1,600万円 / 総口数 2000口
一口価格 8,000円
近況情報
17.10.16
 大瀧ステーブル在厩。14日(土)に二ノ宮厩舎の佐々木助手が来場し、騎乗確認が行われました。
「(雨により)あいにくの馬場だったため、あえて速い時計は控えましたが、結構加速してくれる感じでしたし、ゲート試験くらいであれば、すぐに合格できそうですね。デビュー前の2歳馬ですから、当然まだ幼さを感じさせるところもありますが、だいぶ成長が進んでいる印象を受けました。特に脚元も気になりませんでしたので、ざっと月内のトレセン入厩を意識して、このまましっかりと乗り進めてもらいます」(佐々木助手)
「もうどこが悪いとかではなく、あとは乗り込み量の問題。休んで遅れた分を取り戻し、入厩態勢を整えていきましょう」(大瀧代表)

17.10.13
 大瀧ステーブル在厩。おもにダート周回コースにて軽いキャンター2200~2600m、普通キャンター1000~1400mを消化。先週末より15-15を開始しています。
「前半のハミの取り方が良くなっており、15-15のスピードにも対応してくれますが、休んでいた分、終いの動きが緩慢になり、息も上がってくる格好に。もう少し負荷をかけながら体力や心肺機能を戻し、さらに作り込んでいく必要があるでしょう。球節に変化はありませんので、週末にもまた速めを乗り、そのリアクションに応じて週単位での調教メニューを組み立てていければと思います。馬っぷりは良好。ただ、上体が立派すぎますので、なるべく引き締め、軽くしていきたいところです」(大瀧代表)

17.09.29
 大瀧ステーブル在厩。現在は、おもにウォーキングマシン60分、ダート周回コースにてダク1000m、ハッキング1000m、軽いキャンター3600mを消化しています。
「馬自身に活気がありますし、先週末に終いハロン18秒くらいを乗ってみた後も球節に変わりはありませんので、目下は普通キャンターまでを中心に乗り込みを重ね、まずは休んでいた分を取り戻し、体力をつけていきたいと思います」(大瀧代表)
「じゃれたり、立ち上がったりと元気を余しているようですが、フットワークに重さはなく、跳びは大きい方ですね。左前の球節に反動がきた後から、見た目の形状は悪くなってしまったものの、痛みはなく、中身は固まってきている様子。獣医師も同様の見解を示していますので、引き続きよくチェックしてもらいながら、調教量を満たしていければと思います」(佐々木助手)

17.09.15
 大瀧ステーブル在厩。現在は、おもにウォーキングマシン60分、ダート周回コースにてダク1000m、ハッキング1000m、ごく軽いキャンター2000mを消化しています。
「一度来たことがある環境ですから、戸惑いはないようですね。左前の球節に関しては、以前よりも落ち着いているものの、形状だけで言えば、まだ外側がいくらか膨らんでいる様子。北海道でそこまで乗っていなかった経緯も含めて、様子を見ながら徐々に進めていかなければなりません。獣医師とも相談をしながら、慎重に対応していきたいと思います」(大瀧代表)

17.09.04
 2日(土)に無事、大瀧ステーブルに到着。ウォーキングマシンによる調整を経て、明日より騎乗を開始する予定となっています。