残31口
201506-1
エンジェルリード
美浦
厩舎予定
2歳 鹿毛 2015.02.24生 新ひだか産
父:ワークフォース 母:ステラリード (母の父:スペシャルウィーク)
販売総額 1,600万円 / 総口数 2000口
一口価格 8,000円
[更新情報] +全17件
近況情報
17.07.26
 リバティホースナヴィゲイト在厩。おもにトレッドミルにて10分程度の軽めの調整となっています。
「レースを使った後も脚元に問題はなく、強いてあげれば、右肩の筋肉に少し疲れがある程度。軽く休ませれば、ほどなく和らいでくるものと思われます。レースの内容自体は悪くなかったですし、目下は前に行って粘るような感じが良さそうですよね。タイミングやコース形態などから、次走は中山あたりがひとつの目標になりますでしょうか」(尾関調教師)

17.07.24
 21日(金)にリバティホースナヴィゲイトへ放牧に出ています。

17.07.20
 美浦トレセン在厩。明日、リバティホースナヴィゲイトへ放牧に出る予定となっています。
「稽古では追ってから頭が高くなるようなところがありましたが、レースでは道中からそういった面が出てしまいましたね。取りあえず、使った後もテンションは大丈夫そうですし、大きな反動はありませんが、もう少しパワーがつき、変化を遂げていって欲しいところです。それに競馬の雰囲気にも慣れる必要があるでしょう。いったん放牧を挟み、まずは馬体回復に専念。全体的に成長を促していければと思います」(尾関調教師)

17.07.16
 五分のスタートから、前半は5番手に位置。3角よりやや追走に手間取る格好となりましたが、最後まで気持ちは途絶えず、結果7着での入線となっています。
「稽古の時は追い出してから頭が高くなっていましたが、レースでは道中から上へ行くような感じで、もうひとつ進んでくれませんでした。馬自身に走ろうという気はあるものの、全体的に筋肉がついていないため、気持ちばかりが前に行き、体がついてこない状態。まだ細く映る体つきですし、これからつくべきところに筋肉がついてくれば、心身のバランスが取れてくるのではないでしょうか。本馬のような気の良さというのは、競走馬にとって本当に大切なこと。あとは成長を待ってでしょう」(柴田善騎手)
「調教で少しモタれるところがありましたので、ハミを替えていったところ、その辺は大丈夫でしたね。スタートも出ましたし、道中もちゃんと手前を替えて走っていたように、2歳のこの時期にしては上手な競馬。着順はともかく、内容自体は優等生の競馬をしてくれました。稽古同様、頭が上がってしまうのは、まだ体力や筋肉がついていないから。つくべきところに筋肉がついてくれば、次はもっといい競馬ができるものと思われます。芝も問題ないようですし、距離もこれくらいで良さそう。あとは、この後テンションが上がらなければ、ですよね」(尾関調教師)
◆ペースが上がるにつれて、まだ推進力が上へ上へと逃げてしまう格好になりますが、早い時期よりデビューを果たし、ある程度のポジションにつけて競馬の形を作れるあたりは、本馬の性格や操縦性の良さがあってこそ。これから筋肉量やパワーが伴ってくれば、着順も上がってくるものと思われます。なお、このあとは、「初入厩からゲート、レースと続きましたし、権利も獲れませんでしたので、ここは一旦放牧を挟んであげたい」と調教師。まずはリフレッシュを図り、さらに成長を促していきたいところです。(HTC)

17.07.13
 7月16日(日)福島5R 2歳新馬(芝1800m)に柴田善臣騎手にて出走予定。馬体重443kg(7/13測定)
「道中の雰囲気は良かったものの、まだトモに力がつききっていないため、いざペースを上げて行こうとすると体が起きてきて、右によれるようなところがありました。性格はすごく良く、馬に気もあり、中身のほうは出来ていますので、これから経験を積んでいく中で、もっとパワーがついてくるとイイですよね」(柴田善騎手)
「この中間に右肩の内側、肘の部分に擦り傷を作りましたが、今はもう影響はない状態。目に見える範囲では、カリカリする面も大丈夫そうですよ。昨日の追い切りでは終いで遅れたとはいえ、全体の時計としてはまずまずですし、しっかりと動けていましたからね。内面的には仕上がったと見てよいでしょう。結果的にこの条件に適性があり、スムーズに流れに乗れるようであれば、頑張ってくれるはず。今回のレースぶりも見て、距離などをまた考えていければと思っています」(尾関調教師)