残31口
201506-1
エンジェルリード
美浦
厩舎予定
2歳 鹿毛 2015.02.24生 新ひだか産
父:ワークフォース 母:ステラリード (母の父:スペシャルウィーク)
販売総額 1,600万円 / 総口数 2000口
一口価格 8,000円
[更新情報] +全17件
近況情報
17.09.20
 リバティホースナヴィゲイト在厩。おもに外馬場ダートコースにてハロン17~18秒ペースのキャンター2400mを消化。週1回、ハロン15~16秒ペースで乗り込まれています。
「あくまでも馬のリズムを大切にして進めさせてもらっていますので、ペースを上げると言っても、少しずつステップを踏みながら。やり出せば早いタイプですから、テンションを上げすぎないように注意し、今の良い雰囲気を損なうことなく乗り進めていければと考えます」(佐久間代表)
「精神面を気遣いながらになりますので、通常よりも少し時間を要することになりそう。したがって、帰厩は来月にズレ込んでしまいそうですが、今後を考えれば、その方が馬のためになりますからね。速めを進めていく中での様子を見ながら、決めていきましょう」(尾関調教師)

17.09.13
 リバティホースナヴィゲイト在厩。トレッドミルによる2000~2500m相当の軽いキャンター、もしくは外馬場ダートコースにてハロン15~18秒ペースのキャンター2400mを乗り込まれています。
「無理のない範囲で終いを伸ばし始めたところ。これを機に速めの時計を入れていく予定ですので、帰厩まであと2~3週間はかかりますでしょうか。ひとまず馬体は順調に回復しましたし、テンションに関しても大分落ち着きを取り戻してくれている様子。ここまではイイ感じに推移していると思います。あとは調教のピッチを上げていってどうかでしょう」(尾関調教師)

17.09.06
 リバティホースナヴィゲイト在厩。先週同様、トレッドミルによる2000~2500m相当の軽いキャンター、もしくは外馬場ダートコースにてハロン17~18秒ペースのキャンター2400mを乗り込まれています。
「トレッドミルを併用しているのは、馬の心身、特に気持ちのメリハリを考えてのこと。だいぶ安定してきてはいるものの、競馬を使う前よりも若干テンションが高めで気持ちのスイッチをオフにしている時間が少ないように感じますので、目下は慌てることなくこの馬のリズムで動かし、さらに落ち着けていければと思います。体は戻っていますので、早ければ今週末、来週くらいから少しペースを上げてみるかもしれません」(佐久間代表)
「あくまでも馬に合わせてやっていきたいため、さすがに中山での復帰は難しくなりましたが、それでも今の進行状況であれば、月内にもトレセンに戻せるのではないでしょうか。となれば、目標は10月の東京や新潟開催あたり。また牧場に見に行き、直接確認しながらゴーサインのタイミングを決めていきたいと思います」(尾関調教師)

17.08.30
 リバティホースナヴィゲイト在厩。トレッドミルによる2000~2500m相当の軽いキャンター、もしくは外馬場ダートコースにてハロン17~18秒ペースのキャンター2400mを乗り込まれています。
「トレッドミルとコース調教を交互に行っており、少しずつペースを上げながら。メンタル面のさらなる安定を待って、速めの調教へと移行していきたいですね。調教師によれば、『中山に間に合わせるには、来週か再来週には帰厩させないと。ただ、それにはまだ馬の準備が完全には整っていない状況ですからね。ここは無理せず、東京になっても構わないくらいのスタンスで』とのこと。今後の進行状況を見ながら、判断していくことになりそうです」(佐久間代表)

17.08.23
 リバティホースナヴィゲイト在厩。トレッドミルによる2000~2500m相当の軽いキャンター、もしくは外馬場ダートコースにてハロン18~20秒ペースのキャンター2400mを乗り込まれています。
「先週からの流れで大分テンションが安定し、飼葉喰いも良く、体のハリも上向き。心身ともにリフレッシュが進み、立ち直ってきましたね。今週一杯は現在の調教メニューを続け、来週からピッチを上げていきたいと思います。時計を出し始めてからの動きや感触をもとに、復帰のタイミングを考えていくことになるのではないでしょうか」(佐久間代表)