募集中
201602-1
フェニーチェ' 16
美浦
厩舎予定
1歳 鹿毛 2016.04.17生 浦河産
父:ノヴェリスト 母:フェニーチェ (母の父:ファルブラヴ)
販売総額 1,800万円 / 総口数 2000口
一口価格 9,000円
近況情報
17.07.21
 恵比寿牧場在厩。初期馴致を開始するべく、8月3日(木)に浦河の吉澤ステーブルへ移動することになりました。
「『早いに越したことはない』との調教師の意向により、すでに育成場への移動日が決定。ここまで病気ひとつなく、順調に育ってくれたからこそ出来ることですよね。春先よりも実が入り、夏を越えればさらに良くなるはず。性格はすごく素直で健康体な馬ですから、環境が変わっても難なく対応してくれることでしょう。移動までの間は、このまま放牧を続けます」(工藤場長)

17.06.23
 恵比寿牧場在厩。日に8時間(朝7時~午後3時頃まで)ほどの放牧による管理が続けられています。
「大体6週間毎に牧場へ確認に行っており、先日も見てきました。やはりイメージは母似。初仔にしては立派ですし、腰回りの筋肉も大分つき、着実に良くなっていますよ。父のノヴェリストは早々から勝ち馬や2着馬を出しており、ウチの2歳もデビュー戦で4着。種牡馬としての評価も高まっているみたいです。父の産駒は馬が穏やかそうに見えて、前向きなタイプが多いですからね。その辺が仕上がり早にもつながっているのではないでしょうか。8月のお盆明けには育成場に移動させ、年明け1~2月頃にはトレセン近郊へ。ウチはどの馬も基本的には早めに使えるように進めていきますし、本馬はそれに見合った成長を見せてくれています」(加藤征調教師)

17.05.19
 恵比寿牧場在厩。日中8時間ほどの放牧による管理が続けられています。
「朝晩もすっかり春の気温になり、成長一途の馬たちには、ちょうど良い気候になりました。毛替わりの時季を迎え、だいぶ肌ツヤが良くなってきましたし、青草をたくさん食べて、これからさらに実が入ってくるものと思われます。馬房内では、飼い付けの時も行儀良くしており、人馬の往来があっても大騒ぎするようなことは一切ありません。ここまで怪我やアクシデントもなく、いたって健康体です」(工藤場長)

17.04.21
 恵比寿牧場在厩。引き続き、日中8時間ほどの放牧による管理となっています。
「母が460kg前後で競馬をしていた馬ですし、その初仔で牝馬ですからね。サイズはそう大柄にはならないのかもしれませんが、バランス良く整った雰囲気を持っており、パーツ、パーツはしっかりしている印象。ここまで順調に育ってきていますよ。(先日の展示会の際)みんなに囲まれて撫でてもらっている時などでもオドオドすることなく、平然と構えていたように、可愛くて本当に懐きの良い馬。それでいて、放牧時には先頭を切ってシャキッと走るような面も見せてくれますからね。どうやら父の産駒には仕上がり早もいるようですし、道営の2歳馬などにもその傾向が窺えるみたいです」(工藤場長)

17.03.24
 恵比寿牧場在厩。日中8時間ほどの放牧による管理となっています。
「今週から牝馬同士3頭での放牧に切り替えましたが、管理メニュー自体に変更はありません。やはりメス組は動き回ることよりも食べることのほうに興味があるようで、新芽を探しながら食んでいる姿がよく見受けられます。毛づやが冴えてくるのは、もう少し暖かくなってから。それでも病気などせず、順調に成長が進んでいる印象です。放牧地の雪はもうほとんどなくなりました」(工藤場長)