残339口
201602-1
フェニーチェ' 16
美浦
厩舎予定
1歳 鹿毛 2016.04.17生 浦河産
父:ノヴェリスト 母:フェニーチェ (母の父:ファルブラヴ)
販売総額 1,800万円 / 総口数 2000口
一口価格 9,000円
近況情報
17.10.20
 吉澤ステーブル在厩。現在は、角馬場にてダク1200m、ハッキング2000m程度を消化しています。馬体重400kg、体高150cm、胸囲170cm、管囲18.8cm(9月下旬測定)
「もう少し馬体の成長を待ち、体質強化を図っていきたいため、まだBTCには入れていませんが、牧場内で運動量を上げ、隊列変化や強弱をつけたペースへの対応力を身につけさせているところ。騎乗者からの指示にも素直に反応するなど、徐々に準備が整いつつある印象です。牝馬ですし、あまり一度に詰め込むことはせず、今後も成長の進度に合わせるように進めていきたいと思います」(本田広報担当)

17.09.22
 吉澤ステーブル在厩。現在は角馬場にて集団調教(ダク1200m、ハッキング1200m程度)を消化しています。
「環境や負荷、生活リズムなどが変わって体調を崩しやすくなり、中間に3日ほど休ませましたが、これは多かれ少なかれ、ほとんどの馬に見受けられるもの。基本的には日々集団調教をこなしており、まずは基礎を学ばせつつ、体力向上に努めています。少々のことでは動じない落ち着きがあり、手がかからない性格。来月からは、隣接するBTC(軽種馬育成調教センター)の馬場を使用して乗り進めていく予定です」(本田広報担当)

17.08.18
 吉澤ステーブル在厩。初期馴致を滞りなく終えており、現在はロンギ場で脚捌きなどを教え込まれています。
「ロンジング、ドライビング、馬具慣らしなど、ひと通りの初期馴致をスムーズにこなしてくれましたので、今は小さなロンギ場で軽く跨っているところ。あと1~2週間は同メニューを続け、それから集団で角馬場運動に移行し、少しずつ体力をつけていこうかと思っています。環境の変化に戸惑うことはなかったですし、馬房で隣の馬が大騒ぎしても煩くすることはなく、扱いやすくて落ち着きのある馬ですよね。状況対応がすぐにできるため、こちらが与える課題を難なくこなしてくれています」(本田広報担当)

17.08.03
 本日午前、吉澤ステーブルに無事到着。まずは新しい環境に馴染ませ、適したタイミングで初期馴致を開始する予定となっています。

17.07.21
 恵比寿牧場在厩。初期馴致を開始するべく、8月3日(木)に浦河の吉澤ステーブルへ移動することになりました。
「『早いに越したことはない』との調教師の意向により、すでに育成場への移動日が決定。ここまで病気ひとつなく、順調に育ってくれたからこそ出来ることですよね。春先よりも実が入り、夏を越えればさらに良くなるはず。性格はすごく素直で健康体な馬ですから、環境が変わっても難なく対応してくれることでしょう。移動までの間は、このまま放牧を続けます」(工藤場長)