2018年2歳馬募集
募集中
201603-1
ウェルシュステラ' 16
栗東
厩舎予定
1歳 栗毛 2016.02.15生 新ひだか産
父:ジャスタウェイ 母:ウェルシュステラ (母の父:Zafonic)
販売総額 3,400万円 / 総口数 2000口
一口価格 17,000円
待望の牡馬誕生に高鳴る鼓動、狙うは姉に続く重賞ウイナーの称号。
写真 17.12.01
動画 17.12.01
ウェルシュステラ' 16
広尾TCゆかりの賢母ウェルシュステラの待ちに待ったオトコ馬。首さし、胸前、臀部など、雄大かつ豊かな骨量を誇る各パーツが実にバランス良く整っており、この母系の特徴をうまく受け継いでいるのが一目で分かる。相当なパワーはもちろんのこと、この迫力にして脚捌きに重さや硬さは感じられず、可動域が広くストライドも出ており、身のこなしはスピーディ。機敏に動けるのも大きな魅力のひとつと言えるだろう。性格は周囲に左右されない、我が道を行くタイプ。父ジャスタウェイの初年度産駒としても、早い時期から熱い視線が向けられる一頭になりそうだ。

【管理予定調教師について】
「一銭でも多くぶんどる」をスローガンに馬主に多くの利益を還元する方針を打ち出す矢作芳人調教師。1回出走するだけで約40万の特別出走手当が入ることから出走回数にこだわり、他厩舎を圧倒する年間500走を超え、馬主に年間約2億円を還元する。それでいて、「レースに勝ち、なおかつ馬が無事でいること」をモットーとし、馬の故障率は圧倒的に少なく、開業以来リーディング上位に名を連ね、2014年、2016年にはJRA賞(最多勝利調教師)を獲得。その実績は開業以来、自ら辞めていったスタッフがひとりもおらず、もちろん師から辞めさせた人もいないチーム力がもたらしているものであり、矢作芳人調教師の人間力の為せる業であるとも言える。「矢作厩舎に預けて走らなかったら仕方がない」と全員が納得する厩舎を究極としてチーム一丸で目指す。本馬については「非常に雰囲気の有る馬。大物感がある」と評しており、矢作芳人調教師との意図を完全に汲みとった育成を施すシュウジデイファームから一気通貫で競走馬仕様に仕立て上げる。

【竹内敬安の血統診断概要】
ウェルシュステラは繁殖牝馬として好成績を残しています。初年度産駒から函館2歳S勝馬ステラリードを送り込み、その後もハーツクライとの間に3勝馬ゴッドフロアー、ディープインパクトとの間に同じく3勝馬レトロクラシック(現役)など活躍馬を送り込んでいます。彼女が繁殖牝馬として成功している理由は3代母Welsh Flameに求めることが出来ます。Welsh Flameの配合はHyperion×Son-Law×Donatelloの組合せを所有しており、更にLady Josephine、Rose Red、Aloeという影響力のある牝祖を豊富に抱えています。これはディープインパクトの祖母Burghclereにも共通している配合です(Hyperion×Son-in-Law×Donatello+Lady Josephine、Rose Red、Aloe)。
このWelsh Flameを祖母に持つMarjuは種牡馬としてもサトノクラウン(宝塚記念)を送り込みましたが、母父としても桜花賞馬マルセリーナ、スプリングS勝馬グランデッツァ、札幌2歳S2着ファストアプローチを送り込み、ブルードメアサイアーとしても注目されています。Welsh Flameを母方に持っているという事がアドバンテージになるのは間違いありません。
ジャスタウェイの父ハーツクライはSpecialを所有する母と好相性を示していて、ヌーヴォレコルト(Nureyev)、ワンアンドオンリー(Thatch)、アドマイヤラクティ(Fairy King)、メイショウナルト(Sadler's Wells)、シュヴァルグラン(Nureyev)、マジックタイム(Sadler's Wells)、シュンドルボン(Nureyev+Sadler's Wells)、ツルマルレオン(Nureyev)など活躍馬が豊富で更に信頼度を上げています。このハーツクライとSpecialとのニックスはトニービン内にあるHyperion×Nasrullah(LadyJosephine系)がSpecial内にあるHyperion×Nasrullah(Lady Josephine系)に呼応しているからだと思われます。

竹内敬安の血統診断

[父]ジャスタウェイ Just a Way(内国産)
【競走成績】
2~5歳時、22戦8勝。2014年最優秀古牡馬、ドバイ デューティフリー(UAEG1)、天皇賞・秋(G1)、安田記念(G1)、中山記念(G2)、アーリントンC(G3)、ジャパンC(G1)2着、毎日王冠(G2)2着2回、エプソムC(G3)2着、関屋記念(G3)2着、新潟2歳S(G3)2着、中山金杯(G3)3着、有馬記念(G1)4着、きさらぎ賞(G3)4着、東京スポーツ杯2歳S(G3)4着、京都記念(G2)5着
【供用履歴】
2015年日本にて供用
【種牡馬成績】
2016年産が初年度産駒

[母の父]ザフォニック Zafonic(米国産)
2~3歳時、7戦5勝。1992年全欧2歳牡馬チャンピオン。英2000ギニー(英G1)、デューハーストS(英G1)、サラマンドル賞(仏G1)、モルニ賞(仏G1)
1994年米国にて供用。2002年死亡
1997年英愛ファーストシーズンチャンピオンサイアー
◆スルタニナ:ナッソーS(英G1)
◆アウザーン:ミドル パークS(英G1)
◆イジー トップ:プリティ ポリーS(愛G1)、ジャン ロマネ賞(仏G1)
◆ザンベージ サン:パリ大賞典(仏G1)
◆ヴァジラ:サンタラリ賞(仏G1)
◆ヴァダウィナ:サンタラリ賞(仏G1)
◆ザフィシオ:クリテリウム アンテルナシオナル(仏G1)
◆テイクダウン:WATCウインターボトムS(豪G1)
◆ペイパルブル:キング エドワード七世S(英G2)
◆ショーケイシング:ジムクラックS(英G2)
◆マッチファスター:ロベール パパン賞(仏G2)
◆マルカシェンク:デイリー杯2歳S(JPN2)、関屋記念(G3)
◆ステラリード:函館2歳S(G3)
17.11.24
 シュウジデイファーム在厩。先月下旬よりBTC入りを開始しており、現在は屋内ダートトラック(600m)にてごく軽いキャンター2400m、週2回坂路にてハロン22~23秒ペースのキャンター1本を消化しています。馬体重523kg(10月下旬測定)
「最初は先頭に立つとフワフワする感じでしたが、他馬の後ろにつければハミを取ってしっかりと。最近では坂路で3頭併せの真ん中に入って自分からハミを噛んでグイグイ行くなど、だいぶ気が入ってきたようですね。飼葉をよく食べてくれる馬ですし、脚元も問題なし。現時点で特に課題らしい課題はありませんので、このまま入念に進めていければと思います」(石川代表)