2018年2歳馬募集
満口
201604-1
カナロアガール
美浦
厩舎予定
3歳 鹿毛 2016.02.22生 平取産
父:ロードカナロア 母:サンデーローザ (母の父:サンデーサイレンス)
販売総額 2,000万円 / 総口数 2000口
一口価格 10,000円
近況情報
19.10.16
 高木競走馬育成牧場在厩。おもに常歩30分、周回コースにてダク1800m、ハロン20秒ペースのキャンター2400~3000mを消化しています。
「様子を見ながら少しずつ乗り進めており、飼葉喰いも良好ですが、まだ幾らか疲れが残っているような感じもありますので、あくまでも無理のない範囲でやらせてもらっています。どちらかと言えばフィジカルよりもメンタル面に成長が窺える印象で、以前よりもドッシリと構えられるようになり、普段と調教時の気持ちの切り替え方を学んできているように思います」(高木場長)

19.10.09
 高木競走馬育成牧場在厩。現在は、おもに常歩30分、周回コースにてダク1800m、ハッキング1800m、軽いキャンター1200mを消化しています。
「多少の疲れはあるものの、特に大きなダメージは見られませんでしたので、今週から立ち上げているところ。ややエンジンの掛かりが遅いようにも見受けられますからね。今後はタメて弾けるような形をイメージしながら、トレーニングに取り組んでいければと思っています」(高木場長)

19.10.03
 本日、高木競走馬育成牧場へリフレッシュ放牧に出ています。
「念のためレントゲン検査を行うなどして脚元をしっかりとチェックし、異常がないことを確認した上で放牧へ。前走は着順こそ落ちましたが、展開などの理由があってのことでしたからね。8月の惨敗後に巻き返すことができたわけですし、続けてレースに使ってきましたので、ここでひと息入れるぐらいがちょうど良いのではないでしょうか。牧場での回復状況を見ながら、また次を考えていきたいと思います」(田村調教師)

19.09.29
 五分のスタートから、道中は中団に位置。3~4角より勢いをつけて直線外めから脚を伸ばしましたが、前が止まらず、結果5着での入線となっています。
「頑張って走ってくれてはいるんですけど、今日はちょっとペースが緩かったですね。前走よりも一列前で競馬をしたのですが…。ラストは正直もう少し伸びるかと思ったのですが、前走ほどは伸びてくれませんでした」(北村宏騎手)
「前走のこともあって、鞍上は意識して少し前目で競馬をしていましたし、1番人気の後ろにつけて、いつでも抜け出せるような態勢をうまく作ってくれていたと思います。4角で寄られる厳しい局面も我慢して、自分のポジションをしっかり確保して直線を迎えたんですけどね。結局、番手の馬たちが逃げ馬に絡んで行かずに着を拾いにいくような形になってしまい、展開が向きませんでした。もう少し伸びてくれても良かったのかなという気持ちがある一方で、以前ではできなかったようなレース運びができるようになっており、中山でもやれるという手応えを掴めたのも事実。未勝利戦の時ほど楽ではないものの、決して無様な競馬ではないですし、あとは展開やメンバーひとつといったところではないでしょうか」(田村調教師)
◆少しずつレースぶりに幅が出始めるなど、進展を見せてくれてはいるものの、現状ではあまり色気を持って競馬を進めていくと伸び切れないところもあるのでしょうか。前走ほどの末脚を繰り出すまでには至りませんでした。なお、このあとは「再び優先権が獲れたとはいえ、夏から続けて使ってきましたからね。ここはいったん放牧を挟んであげましょう」と調教師。無理せず、心身のリフレッシュを促した上で次を考えていく予定になっています。(HTC)

19.09.26
 9月29日(日)中山7R 1勝クラス(芝2000m)に北村宏司騎手にて出走予定。
「本当に体調や馬体に変動が少ない馬ですよね。東京コースだけしか走れないとなると、どうしても出走のタイミングが限られてしまいますので、前走の中山である程度の結果を出せたというのは収穫。今回もいい競馬ができるようであれば、完全に幅が広がるというものです。そういった意味では、今週末のレースも重要な一戦となってきます」(田村調教師)