2018年2歳馬募集
満口直前
201605-1
レフィナーダ' 16
美浦
厩舎予定
2歳 芦毛 2016.03.13生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:レフィナーダ (母の父:サンデーサイレンス)
販売総額 2,200万円 / 総口数 2000口
一口価格 11,000円
近況情報
18.08.10
 シュウジデイファーム在厩。おもにウォーキングマシン50分、ハッキング3000mのウォーミングアップ後、BTCのダートトラックや屋内坂路を併用して乗り込まれており、週1~2回の速めを消化しています。馬体重469kg(7月下旬測定)
「一昨日は一周1600mのダートトラックにて3200mを乗り、終い3Fを15-15程度で。その後に坂路を併走で1本、41秒くらいで行きました。少しずつ体が増え、体力がついて動けるようにはなってきましたので、この調子で乗り込みを重ね、38秒台を楽に出せるくらいのところまで成長を待ってあげたいですね。環境が変わると馬房内でソワソワしがちなタイプ。この辺の様子も今後の成長の目安として注視していきたいと思います」(石川代表)

18.07.27
 シュウジデイファーム在厩。おもにウォーキングマシン50分、ハッキング3000mのウォーミングアップ後、BTCのダートトラックや屋内坂路を併用して乗り込まれており、週1回の速めを消化しています。
「昨日は一周1600mのダートトラックにて3600mほどのキャンターを。試験的に少しペースを上げ、ラスト4Fを15-13-13-12くらいで仕掛けてみたところ、坂路の時よりは反応を示して動いてくれましたので、この馬の成長のペースで着実に力をつけてきているのだと思います。これで気持ちに余裕が出てくれば、それに応じて体もフックラとしてくるはず。これから成長が進むことにより、少しずつ坂路でも動けるようになってくるのではないでしょうか」(石川代表)

18.07.13
 シュウジデイファーム在厩。おもにウォーキングマシン50分、ハッキング3000m、BTCのダートトラックにて軽いキャンター1200~2400m、屋内坂路にて普通キャンター1~2本を消化。週1回の速めを乗り込まれています。
「もう15-15程度なら全く問題ありませんが、さらに成長を促し、体力増強を図るためにも、速めはあえて3F42秒前後に留めてじっくりと。本格的に攻めていくのはもう少し先でもよいでしょう。まず上背から伸びているため、今は脚が長く、細身に映るかもしれませんが、体のライン自体は綺麗に見せる馬ですからね。これからの変化、成長にも期待しています」(石川代表)

18.06.29
 シュウジデイファーム在厩。おもにウォーキングマシン50分、ハッキング3000m、BTCのダートトラックにて軽いキャンター1200~2400m、屋内坂路にて普通キャンター1~2本を消化。週1回の速めを乗り込まれています。
「27日には、坂路の1本目に15-15(縦列単走)、2本目は3F41秒台(併走)をマーク。目下は成長も促していきたいため、まだ攻め込むほどのボリュームはやっていないものの、このような地道な乗り込みが先々の体力増強へとつながっていきますからね。脚長に映るのは体型もありますが、以前よりは飼葉を食べてくれていますので、もう少し幅が出てくれるとなお良いでしょう。馬の機嫌を損ねないよう、慎重に進めていきたいと思います」(石川代表)

18.06.15
 シュウジデイファーム在厩。すでにBTC入りを再開しており、おもに屋内ダートトラックにて軽いキャンター1200~1800m、屋内坂路にて普通キャンター1~2本を消化。週1回の速めを乗り込まれています。
「現在はBTCの滞在馬房に入れて、再びペースアップ。場所が変わると日中の飼葉喰いが少し遅くなる(夜は問題なし)など、やや繊細な面を見せますね。この辺がドシッと構えられるようになれば、食べたものがより実になり、しっかりと体力がつき、稽古でもさらに動けるといった良い流れが生まれてくるのではないでしょうか。12日には、屋内ダートで軽く乗ってから坂路を2本。1本目は15-15程度、2本目は3F43秒台で行きました。今後も調教内容にうまく強弱をつけながら逞しくしていきたいと思います」(石川代表)