2018年2歳馬募集
残口わずか
201605-1
レフィナーダ' 16
美浦
厩舎予定
2歳 芦毛 2016.03.13生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:レフィナーダ (母の父:サンデーサイレンス)
販売総額 2,200万円 / 総口数 2000口
一口価格 11,000円
近況情報
18.06.15
 シュウジデイファーム在厩。すでにBTC入りを再開しており、おもに屋内ダートトラックにて軽いキャンター1200~1800m、屋内坂路にて普通キャンター1~2本を消化。週1回の速めを乗り込まれています。
「現在はBTCの滞在馬房に入れて、再びペースアップ。場所が変わると日中の飼葉喰いが少し遅くなる(夜は問題なし)など、やや繊細な面を見せますね。この辺がドシッと構えられるようになれば、食べたものがより実になり、しっかりと体力がつき、稽古でもさらに動けるといった良い流れが生まれてくるのではないでしょうか。12日には、屋内ダートで軽く乗ってから坂路を2本。1本目は15-15程度、2本目は3F43秒台で行きました。今後も調教内容にうまく強弱をつけながら逞しくしていきたいと思います」(石川代表)

18.06.01
 シュウジデイファーム在厩。腰に少し疲れが見られたことから、現在は場内でのハッキングまでに留めて、ひと息入れています。
「自ら走ろうとする気を持っている馬ですし、坂路を中心に結構乗り込んでいましたので、それなりに疲れがくるのは仕方のないところ。成長途上の若馬にとっては、このようなヤマを幾度も乗り越えながら、さらに次のステップを目指していく感じになりますよね。電気針と筋肉注射で対処しましたので、ひと呼吸入れてあげてからまたBTCに入り、乗り込みを再開していきたいと思います」(石川代表)

18.05.18
 シュウジデイファーム在厩。おもにウォーキングマシン50分、ハッキング3000m、BTCの屋内ダートトラックにて軽いキャンター2400m、屋内坂路にて普通キャンター1本を消化。週1回、やや速めを乗り込まれています。馬体重459kg(5月上旬測定)
「まだ食べたものがすべて実になるような感じではなく、全体的に少々細身に映りますよね。脚元がスッキリと健全であり、坂路でハロン14秒ペースまで進めることはできていますので、あとはもう少しトモに肉がつき、蹴っぱりなどに力強さが増してくれればと思います。さらに乗り込みを継続して成長を促し、体をひと回り大きく、そしてパワーアップを図っていきましょう」(石川代表)

18.05.04
 シュウジデイファーム在厩。前回同様、おもにウォーキングマシン50分、ハッキング3000m、BTCの屋内ダートトラックにて軽いキャンター2400m、屋内坂路にて普通キャンター1本を消化。週1回の速めを乗り込まれています。
「先週は3F41秒台、今週は43秒程度。へこたれることなく継続して速めを乗れているのは、評価できるポイントですよね。最近は坂路の馬場状態が深くなっていることもあり、ピッチを上げたラストになるとまだ動ききれず、乗り役の手が少し動く格好に。さらに乗り込みを重ねていくことで、もうひと回りパワーをつけていければと思います。繊細な一面がある割には、飼葉喰いや馬運車移動、ゲートなどに注文がつきません」(石川代表)

18.04.20
 シュウジデイファーム在厩。引き続き、おもにウォーキングマシン50分、ハッキング3000m、BTCの屋内ダートトラックにて軽いキャンター2400m、屋内坂路にて普通キャンター1本を消化。週1回の速めを乗り込まれています。
「先週からは併走で3F40秒台を交えながら。その時々で何か思うところがあるのでしょう。まだ手応えが良かったり、ひと息だったりと少々繊細な面を有している状況ですが、それでも飼葉を食べてくれますし、良い時の動きは評価できる内容ですからね。さらに乗り込み本数を重ねていく中で学ばせていきましょう。ゲートについては、入り・駐立ともに問題なし。扉を閉めても大丈夫です」(石川代表)