2019年2歳馬募集
201701-1
パンサラッサ
満口
栗東
厩舎予定
4歳 鹿毛 2017.03.01生 新ひだか産
父:ロードカナロア 母:ミスペンバリー (母の父:Montjeu)
販売総額 5,000万円 / 総口数 2000口
一口価格 25,000円
賢母の底力に父の速さと骨量、独特のオーラが王道を突き進む。
写真 21.06.04
動画 20.03.27
関連コンテンツ
FAMILY TOPICS
20.07.05
パンサラッサが福島11R七夕賞(G3・芝18000m)で2着!
20.06.20
パンサラッサが阪神8R1勝クラス(芝2000m)で優勝!
18.08.11
半姉ディメンシオンが新潟9R三面川特別(牝・1000万下)芝1800mで優勝!
18.07.07
半姉ディメンシオンが中京8R500万下(牝・芝1600m)で優勝!
パンサラッサ
賢母の能力の高さに仕上がりの早さと迫力を追求。キンカメ系の父との配合がピタリと嵌り、兄姉を遥かに上回る骨量に恵まれ、早くも大器の相を漂わせている。この肩や臀部のボリュームにして捌きは硬くなく、大跳びで力強い走りが印象的。加えて切れ味やタフさも感じさせる本馬には、何としてもクラシック戦線を歩ませてあげたい。

【調教師コメント】
本当にいい馬で驚いた。兄が獲れなかったタイトルを狙っていきたい。
広尾さんとはハナズレジェンドからのお付き合いとなりますが、昨年この馬が生まれた時期に一度見て欲しいと仰って頂きました。私は責任を持って預かる以上、自分で見ていい馬と思う馬でなくてはならないという考えがあるのですが、それもご理解いただいた上で見させて頂いたら本当にいい馬で驚いたのを覚えてます。それから北海道に行く度に見ておりますが、順調に成長しています。サイズは中型以上になりそうですし、脚元も問題なく丈夫そう。本馬の兄(エタンダール)のダービーの時は私の管理馬(ディープブリランテ)が勝たせて頂きましたが、今度はお預かりする本馬で狙っていきたいです。育成は私の信頼するシュウジデイファームでじっくりと行っていきます。(矢作芳人調教師)
21.06.16 up!
 チャンピオンヒルズ在厩。先週に引き続き、ウォーキングマシン60分を消化しています。
「獣医師によれば、『先週よりは圧痛がマシになっている』とのこと。徐々に反応が薄れてきたように、ようやく停滞期から回復傾向へとシフトし始めているのかもしれません。この流れで一歩一歩でも着実に良化に向かってくれればと思います」(小泉厩舎長)
生産担当より
今までとはタイプが異なる、違う次元を目指せる面白い一頭
サンデー系ではない馬を初めてかけ合わせたのですが、今まで若干骨量の点で物足りなさを感じていたところがなくなり、キンカメ系であるカナロアの筋力量がはまった感じがあります。尻高で成長余地があり、筋力がついている分、ボリュームが出ており、ここからの成長も期待できます。集団に入るとこのきょうだい同様のボス気質があり負けん気が強いです。他の馬を3分とか5分とか追いかけ続ける気の強さと体力を見せており、スタミナがありそうです。走りも軽くスピードも兼ね備えており、一瞬ではなく長く速い脚が使えるイメージです。おしりの形からしても今までとはタイプが異なる、違う次元を目指せる面白い一頭だと思います。(場長:木村秀則さん)