2019年2歳馬募集
残口わずか
201704-1
スイートマカロン' 17
栗東
厩舎予定
2歳 鹿毛 2017.03.20生 新ひだか産
父:スピルバーグ 母:スイートマカロン (母の父:Tale of the Cat)
販売総額 1,960万円 / 総口数 2000口
一口価格 9,800円
近況情報
19.01.18
 吉澤ステーブル在厩。おもにBTCの坂路にてハロン19~20秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。馬体重458kg(1月中旬測定)
「全馬お正月に一旦ペースを落とし、そこからまた乗り進めているところ。あまり一度に詰め込み過ぎるとカリカリしてきそうですので、適度に軽めを挟んであげる形が理想的かと思われます。うまくメニューを上げ下げすることにより、さらに精神面が大人になり、馬体も成長してくるのではないでしょうか。リラックスして駆けている時の走りは軽快ですよ」(本田広報担当)

18.12.21
 吉澤ステーブル在厩。おもにBTCの坂路にてハロン20秒ペースのキャンター1本を乗り込まれています。馬体重440kg(12月中旬測定)
「ペースを上げていく中で一時的に気持ちにゆとりがなくなったのでしょうか、若干うるさい面を見せていましたが、適度に調教メニューを上下したところコントロールがスムーズになり、手入れの際なども落ち着きが出てきました。精神的に余裕がある状態での走りは、軽快で躍動感十分ですからね。これから成長が進んで体力がつき、心身が大人になってくれば、さらに本馬の良さが目立ってくるものと思われます」(本田広報担当)

18.11.16
 吉澤ステーブル在厩。先月中旬より、BTC入りを開始。各コースを経験し、現在はおもに坂路にてハロン22秒ペースのキャンター1本を消化しています。馬体重410kg(10月下旬測定)
「軽めの運動時や調教の行き帰りといった自由が利きやすい状況下では、まだ我慢しきれずカリカリしたところを見せがちですが、坂路での走行時などスピードが上がった際にはキリッと軽い動き。ペースを合わせて駆けることもできていますよ。どうやら気が勝ったような一面がありそうですので、あまりテンションを上げ過ぎないよう、適度にリフレッシュを挟むなどして、メリハリをつけた管理を心掛けたいと思います」(本田広報担当)

18.10.12
 吉澤ステーブル在厩。初期馴致を滞りなく終え、少頭数での騎乗馴致へと移行。現在は角馬場にて集団調教(ダク・ハッキング2000m)が行われています。
「まずはハミ馴致や装鞍など馬具に慣らし、次にハミ受けや乗り手の指示への理解を深めてから集団調教へ。周囲を警戒することなく、しっかりとペースを合わせて走れていますよ。すごく扱いやすい馬ですし、体質、メンタル面ともに弱そうな印象はありません。ほどなくBTC(軽種馬育成調教センター)入りする予定となっており、さらに色々な経験を積ませながら、運動量を高めていきたいと思います」(本田広報担当)

18.09.14
 吉澤ステーブル在厩。移動して間もないため、まずは日中5~6時間のパドック放牧により環境の変化に馴染ませています。馬体重404kg(9/12測定)
「もしかしたら馬がまだ緊張気味なのかもしれませんが、環境が変わっても騒いだりしませんし、馬房の中でも落ち着いている様子。飼葉もペロッと平らげてくれますので、対応は早いほうだと思いますよ。これなら、ほどなく初期馴致を開始できるのではないでしょうか」(本田広報担当)