2019年2歳馬募集
残口わずか
201708-1
スマイリンアスク' 17
美浦
厩舎予定
2歳 青鹿毛 2017.03.28生 平取産
父:ワークフォース 母:スマイリンアスク (母の父:ディープインパクト)
販売総額 1,600万円 / 総口数 2000口
一口価格 8,000円
次世代の潮流は母父ディープ、漆黒の輝きが颯爽と駆け抜ける。
写真 19.04.26
動画 19.04.26
関連コンテンツ
FAMILY TOPICS
19.05.12
近親ファイナルマズルが東京1R未勝利(ダ1400m)で優勝!
19.03.10
いとこジョーダンキングが阪神10R甲南S(1600万下・ダ2000m)で優勝!
19.01.13
いとこジョーダンキングが京都9R五条坂特別(1000万下・ダ1900m)で優勝!
スマイリンアスク' 17
小柄な母に対して、本馬は漆黒のミドルサイズ。物事に動じない堂々とした振る舞い、キビキビとした脚捌き、弾むようにスピードに乗る軽快な走りなどは、すでに母の父としてもG1馬を輩出したディープインパクトの系統を色濃く継承してのことだろう。父の産駒にしては珍しく、時計勝負にも対応できそうな予感を抱かせてくれる。

【調教師コメント】
動きはシャキシャキ。成長力がありそうなスピードを生かすタイプ
実際に見ると脚捌きの軽さが目立つ馬です。ワークフォース産駒はサイズによっては大味で捌きが重く、ダラダラした感じになりやすいのですが、この馬はそのようなこともなく、動きがシャキシャキしているため、もしかしたら、ビュッとしたスピードを生かすタイプの馬かもしれませんね。ちょうどいいサイズ感とバランスだと思います。この点は母父のディープインパクトが出ているのかもしれませんね。成長力がありそうな体のつくりをしており、楽しみな一頭ですので、しっかりと育成場とコンタクトを取って本馬のポテンシャルを引き出せるよう調整していきたいと思います。(中舘英二調教師)
19.05.24 up!
 坂東牧場在厩。おもにウォ-キングマシン60分、周回コースにてダク1000m、ハロン18~20秒ペースのキャンター3500mを消化。週1~2回、坂路にて15-15を乗り込まれています。
「馬のコンディションを確認しつつ、適度に15-15も継続中。どちらかと言えばパワーよりも軽さが優先したタイプですが、それでも速いところを重ねていることにより、小気味良い動きはそのままに、筋力の強さも感じさせるようになってきました。馬体にも成長が見受けられ、背丈が伸び、ボリュームが増してきたのも好材料です」(荒木マネージャー)
生産担当より
物事に動じず、どっしりした気性の持ち主。スピード感があり、バネも感じ、手足の捌きも軽い
物事に動じず、どっしりした気性の持ち主。そういった意味では、牝馬というよりは、牡馬っぽい。1頭で歩かせても、鳴いたり暴れたりすることなく、堂々と歩きます。この時期の1歳にしては珍しいですね。ちょっと気が強いところがありますが、馬房の中では大人しく、手入れもしやすいですね。  人間にも慣れていて、人が好きみたいですよ。放牧地でも牝馬2頭だけだからかもしれないが、気の強いところを見せず、仲良くやっています。放牧地の走りは、スピード感があり、バネも感じます。通常のワークフォース産駒とは違って手足の捌きも軽いので、芝でもやれそうです。面白いところがあると思います。今後は、昼夜放牧をしながら、どんどん食べさせて、体を大きくさせていきたいです。理想は400キロ後半ぐらいでの競馬なので、それに近づけるべく管理をしていきたいと思います。(担当スタッフ:戸澤晋助さん)