2018年当歳馬募集
満口
201802-1
ラズベリータイム' 18
栗東
厩舎予定
1歳 黒鹿毛 2018.03.09生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ラズベリータイム (母の父:フジキセキ)
販売総額 1,600万円 / 総口数 2000口
一口価格 8,000円
近況情報
19.05.17
 木村秀則牧場在厩。今月も昼夜放牧による管理が行われています。
「ストロングポイントである大きなトモはそのままに、キ甲が伸びて、背中のラインが本来の姿に近づいてきました。さらには胴が伸びた分、前肢の可動域が大きくなり、より綺麗なフォームで走れるようにもなっていますよ。また、馬房を替えても鳴いたりイライラしたりせず、場内の新しいエリアに連れていっても平然としていますからね。おそらくは環境の変化にすんなりと対応できるタイプのように思われます」(木村担当)

19.04.19
 木村秀則牧場在厩。順調に昼夜放牧による管理が続けられています。
「(放牧地が)走りやすい地面になり、気温の上昇によって体も動きやすくなってくる時季。パーツ、パーツがしっかりと大きい体つきをしており、着々と幼さが抜けつつありますね。他馬にちょっかいを出すなど、位置付けはリーダー格。物事に全く動じない、気持ちを持っている馬ですよ。歩き自体に硬さや重たさがないことから、芝でもやれるのではないでしょうか」(木村担当)

19.03.15
 木村秀則牧場在厩。先月に引き続き、昼夜放牧による管理が行われています。
「本馬を曳いている時の感覚やブラッシング時の感触などからも、ギュッと筋肉が詰まっている感じがこちらに伝わってきますよね。あわせて健康状態もすごく良いですし、まるで男馬みたい。背中が垂れて見えるほどのお尻の大きさは、競走馬として力強い武器になってくるのではないでしょうか」(木村担当)

19.02.15
 木村秀則牧場在厩。先月同様、昼夜放牧による管理が続けられています。
「背中がくぼんで見えるのは、成長の途中段階で今は後駆が発達しているため。身幅や筋肉量はかなりのボリュームになっています。後駆に続き、これから前駆、胴伸びと成長が進んで行くなかで、夏を迎える頃にはガラリとシルエットも変わってくるはず。幼少期のようにまたバランス良く見せるようになってくることでしょう。今週より、牡馬・牝馬をグループ分けして放牧に出し始めました」(木村担当)

19.01.18
 木村秀則牧場在厩。今月も昼夜放牧による管理が続けられています。
「ボリューム感たっぷりのゴロンとした体つきに変わりはありませんが、ここにきて背中に伸びが出て、だいぶ1歳馬らしいフォルムに近づいてきましたね。これに伴い、身のこなしや動きにもゆとりが生まれ、馬自身が思う存分に振る舞えるようになってきたようにも感じます。普段の所作なども、いい意味で大胆不敵。やはり魅力を持った一頭です」(木村担当)