2018年当歳馬追加募集
残口わずか
201803-1
デプロマトウショウ' 18
栗東
厩舎予定
1歳 黒鹿毛 2018.02.20生 浦河産
父:オルフェーヴル 母:デプロマトウショウ (母の父:ファスリエフ)
販売総額 4,180万円 / 総口数 2000口
一口価格 20,900円
血統診断
オルフェーヴルが凱旋門賞に挑戦して2年連続2着の成績を残せたのは、母父メジロマックイーンに因るところが大きいと考えられます。メジロマックイーンは天皇賞(春)を連覇するなど高速ステイヤーとして圧倒的な強さを示しましたが、その血統の中にはフランス血統が豊富に配置されていて、凱旋門賞向きの血統を所有していました。メジロ牧場の英知が詰まっているメジロマックイーンのサポートがオルフェーヴルの強さを支えていたのは間違いないですし、ステイゴールドの血統にしてもロイヤルサッシュダイナサッシュゴールデンサッシュと昭和の社台ファームが築きあげてきた古くからの血統です。オルフェーヴルの中には日本競馬の輝かしい歴史が刻まれています。

本馬の牝系に目を向けてみるとトウショウの冠が付く母馬が4代続いている事が確認できます。そして5代母は天馬トウショウボーイを産んだソシアルバターフライ。まさに日本競馬の歴史が詰まっている配合馬ですし、オルフェーヴルに対するアプローチの一つとしてとても魅力的だと思います。社台ファーム、メジロ牧場、トウショウ牧場という先人ホースマン達の知恵の結晶といえます。

配合テクニック的にもエレクトロアートNureyev の3×3 というニアリー配合が組み込まれています。牝馬潜り同士のノーザンテースト4×3 を持つオルフェーヴルに対してこのエレクトロアートNureyev は効果覿面と考えられます。