2018年当歳馬追加募集
残242口
201803-1
デプロマトウショウ' 18
栗東
厩舎予定
1歳 黒鹿毛 2018.02.20生 浦河産
父:オルフェーヴル 母:デプロマトウショウ (母の父:ファスリエフ)
販売総額 4,180万円 / 総口数 2000口
一口価格 20,900円
近況情報
19.05.17
 パカパカファーム厚賀分場在厩。毎日、昼夜放牧による管理が行われています。
「最も過ごしやすい時季を迎え、冬場は人目の届く場所にいた馬たちも、最近では放牧地のどこにいるのか分からないくらい遠くへ出掛けるようになりました。イタズラ好きでやんちゃなところはありますが、放牧地に吸い込まれるように四肢を突き出して寝ていたり、他馬にもたれ掛かるように寝ている姿は可愛いです。よく食べ、よく寝て、そしてよく動いていますので冬毛の抜け方が早く、骨太でしっかりした馬体が表に出てきましたよね。育成場に行くまでゆっくり力を蓄えてもらえればと思います」(山田担当)

19.04.19
 パカパカファーム厚賀分場在厩。順調に昼夜放牧が続けられています。
「次々に相手を変えて相撲を取ったり、寝そべっている友達にイタズラしてみたりと、他愛のないことかもしれませんが、どうやったら相手に勝てるのかを考えているのかもしれませんよね。先日はわざわざ穴を掘り、そこに自身が転がって泥だらけになるなど、暖かくなるにつれて毎日が楽しくて仕方がない様子です。オルフェーヴル産駒の馬体的特徴は様々ですが、体型やシルエットで言えば、皐月賞馬エポカドーロに似たタイプのようにも思います」(山田担当)

19.03.15
 パカパカファーム厚賀分場在厩。継続して昼夜放牧による管理が行われています。
「今年は記録的な寒波でしたが、ここにきてようやく春らしくなり、一日も途切れることなく厳冬期の昼夜放牧を乗り切ってくれた事にまずはホッとしています。冬場は昼間よりも気温が下がる夜間によく動いていますので、骨・筋肉・腱が発達し、基礎体力の面では夜間放牧していない馬に比べて大きく前進。加えて群れの中で他馬と競争する事で精神力も鍛えられています。体も順調に大きくなってきており、雪が解けた今は広い放牧地のどこに行ったのか分からないくらい遠くに遊びに行っているほど。これから青草が伸びてきたら、ますます行動範囲が広がるでしょうし、快適になった地面でさらに戦いや模擬レースが繰り広げられると思います」(山田担当)

19.02.15
 パカパカファーム厚賀分場在厩。先月同様、順調に昼夜放牧による管理が続けられています。
「誕生時からこちらにいる馬たちに加わって3ヶ月。だいぶ自信がついてきたのでしょう。最近では群れの中のボスに戦いを挑むこともあるくらい存在感を放つようになりました。オルフェーヴルの仔らしく気が強く、頼もしくもなってきましたよね。7頭の牡馬グループ全頭で競走しているシーンも見受けられ、抜いたり抜き返されたりと、遊びながら模擬レースをやっている感じです」(山田担当)

19.01.18
 パカパカファーム厚賀分場在厩。今月も昼夜放牧による管理が続けられています。
「氷点下10度になる時もありますが、体調を崩すことなく元気にしていますよ。飼い付けスタッフお気に入りの一頭でもあり、普段の放牧地での立ち居振る舞いに競走馬としての高い資質を感じているみたいです。また人とも良好な関係が築けているのもイイですね。顔を撫でてもらうのが大好きで、一度撫で始めると独占したいらしく、他馬が来てもその場を譲ろうとはしません。確固たる意志を持ち合わせているようなところは、競走馬になってからのレースに生かされてくるのではないでしょうか」(山田担当)