2020年2歳馬募集
満口
201810-1
ステラリード' 18
栗東
厩舎予定
2歳 鹿毛 2018.02.19生 新ひだか産
父:モーリス 母:ステラリード (母の父:スペシャルウィーク)
販売総額 1,800万円 / 総口数 2000口
一口価格 9,000円
血統診断
2005年のオークスを勝ったシーザリオは繁殖牝馬としても大物を量産しています。ジャパンカップを制したエピファネイア、朝日杯FSを勝ったリオンディーズ、今年の皐月賞を勝ち、日本ダービーで1番人気に支持されたサートゥルナーリアシーザリオはG1馬を3頭も送り込み、未だに良駒を産んでいます。シーザリオの持つ配合形式はスペシャルウィーク×Sadler's Wells

スペシャルウィークの母父マルゼンスキーからNijinskyが入りますのでシーザリオNijinsky×Sadler's Wellsを内包しています。このNijinsky×Sadler's Wellsを持つ活躍馬は多く、日本てもはフサイチコンコルドがダービーを制しています。フサイチコンコルドの牝駒は繁殖に上がってもジョーカプチーノ(NHKマイルC)、ウキヨノカゼ(キーンランドC)など活躍馬を送り込んでいますし、Nijinsky×Sadler's Wellsを内包するグレイトサンライズレッドディザイア(秋華賞)を送り込みました。Nijinsky×Sadler's Wellsを持つ馬は繁殖としても成功し易い側面があります。

ステラリード(函館2歳S)の配合形式はスペシャルウィーク ×Zafonic ×Sadler's Wells なのでシーザリオの配合形式スペシャルウィーク×Sadler's Wells が共通しています。ステラリード2018は父にRobertoモーリスを迎えていますが、シーザリオが産んだエピファネイアもやはりRoberto系のシンボリクリスエスでした。ステラリードが大物を送り込む可能性は常にあります。ちなみにシーザリオ2018の父もモーリスです。
プラスビタールスピード遺伝子検査