2020年2歳馬募集
201811-1
キャットウォーク
満口
美浦
厩舎予定
3歳 鹿毛 2018.03.19生 新ひだか産
父:スピルバーグ 母:スイートマカロン (母の父:Tale of the Cat)
販売総額 1,200万円 / 総口数 2000口
一口価格 6,000円
血統診断
スピルバーグの母プリンセスオリビアはアメリカ在籍時代にトラヴァースS(米G1)を制したフラワーアレーFlower Alleyを送り込み、日本に輸入されてからはトーセンラー(マイルCS-G1-)、スピルバーグ(天皇賞秋-G1-)を立て続けに送り込みました。フラワーアレーは種牡馬入りした後にケンタッキーダービーを制したアイルハヴアナザーを輩出しています。プリンセスオリビアの影響力は絶大だと考えられます。

プリンセスオリビアの配合を詳しく見てみると、Lyphardの母Goofedの牝馬クロス4×4が搭載されていています。この牝馬クロスに対してLyphardを持つディープインパクトを配合したのがトーセンラースピルバーグです。つまりGoofedの牝馬クロス4×4をLyphardのクロスで継承させて成功させています。この配合に答えがあったのは競走成績が示していますから、次のステージとしては、この成功パターンを更に強調させるという発想が必要だと思います。

スイートマカロンの母Pastel Colourの配合はスピルバーグと同じくGoofedの牝馬クロス(4×3)をLyphardのクロス(4×3)で継承させています。さらにプリンセスオリビアPastel ColourMr.Prospector系でありプリンセスオリビアPastel Colourの関係になっています。つまり、スイートマカロン2018には名繁殖牝馬プリンセスオリビアPastelColour2×2が内包されているのです。プリンセスオリビアの中に潜む特別な遺伝子を覚醒させるには最も理想的な配合だと考えられます。もちろん、ディープインパクト系×Storm Cat系というトレンド配合も魅力の一つです。
プラスビタールスピード遺伝子検査