2021年2歳馬募集(2020年)
201907-1
ミスペンバリー' 19
満口
栗東
厩舎予定
2歳 鹿毛 2019.03.29生 新ひだか産
父:キズナ 母:ミスペンバリー (母の父:Montjeu)
販売総額 5,000万円 / 総口数 2000口
一口価格 25,000円
近況情報
21.07.30
 シュウジデイファーム在厩。現在は、おもにBTCの坂路またはダートトラックにてハロン17~20秒ペースのキャンターを消化。週1回、坂路にて速めを乗り込まれています。
「坂路が使えるようになりましたので、以前のメニュー構成に戻し、直近では2本目に3F40秒程度をマーク。リフレッシュを挟んだ後は、再び順調に乗り進めることができていますよ。元々動きはしっかりしている方ですし、最近では筋肉が付き、馬体をいっそう大きく見せるようにもなってきました」(石川代表)

21.07.16
 シュウジデイファーム在厩。おもにダートトラックや直線ウッドチップ馬場にて乗り込まれています。馬体重523kg(6月下旬測定)
「今は坂路コースが工事のため使用できませんので、速めを行く日は1000mの直線ウッドを3本。2本目に15-15、3本目に併走で3F40秒程度を乗っています。その一方でゲート練習を行う日は軽めにするなど、一週間のなかでメリハリをつけながら、再び全体的なペースアップを推し進めているところです」(石川代表)

21.07.02
 シュウジデイファーム在厩。すでにBTC入りを再開しています。
「飛節の件はもともと運動に支障がない箇所でしたし、今はまったく問題ありません。よって立ち上げ後はスムーズにピッチを上げており、今週は坂路で速めも消化。1本目に15-15、2本目には43秒台を乗りました。この数週間ほどの休養がちょうど良いリフレッシュ、成長促進期間になったのではないでしょうか」(石川代表)

21.06.18
 シュウジデイファーム在厩。引き続き、場内にてウォーキングマシン50~60分、ハッキング2000~3000mを消化しています。
「右飛節の外傷は落ち着いてきていますが、なにも慌てて動かしていく時期ではないですからね。元々軽くひと息入れてあげるタイミングでもありましたので、これまで乗り込んだ分の全体の疲れを取ってあげるようなイメージでリフレッシュ期間にしてあげたいと考えます。今はもう特別な治療などを必要とはしていません」(石川代表)

21.06.04
 シュウジデイファーム在厩。この中間に右飛節に外傷を負ったことから、直後はパドック放牧のみで小休止。現在は場内にてウォーキングマシン50~60分、ハッキング2000~3000mを消化しています。馬体重512kg(5月下旬測定)
「飛節の外側。直後は消炎剤と冷却で和らいでくるのを促しました。運動に支障が出る箇所ではありませんが、目標は秋とのことですし、ここは無理せず大事を取ったというわけです。目下はペースを落とし、完全にスッキリしてくるのを待ってあげた上で、BTC入り再開のタイミングを検討してきたいと思います」(石川代表)