2021年2歳馬募集(2020年)
残240口
201909-1
レフィナーダ' 19
美浦
厩舎予定
2歳 黒鹿毛 2019.05.22生 新ひだか産
父:マジェスティックウォリアー 母:レフィナーダ (母の父:サンデーサイレンス)
販売総額 2,000万円 / 総口数 2000口
一口価格 10,000円
近況情報
21.02.26
 坂東牧場在厩。引き続き、舎飼により管理されています。
「運動制限に伴い、飼葉をセーブしている関係で、まだ馬体が寂しく映りますが、今はできるだけ血液のめぐりを促したく、良好な健康状態の維持を優先しています。来週以降に獣医師とも相談の上、歩様のチェックを継続。経過が良ければ、パドック放牧や引き運動といった次のステップを検討していくことになります」(荒木マネージャー)

21.02.12
 坂東牧場在厩。引き続き、舎飼により安静にしています。
「とりあえず今月一杯は舎飼を続け、来月に入ってからの獣医師チェックの見解などをもとに、その後の管理メニューを組み立てていく予定。少しずつトモの肉感は戻ってきていますので、まずはパドック放牧を開始するタイミングから検討していければと思います」(荒木マネージャー)

21.01.22
 坂東牧場在厩。舎飼による管理が続けられています。
「問題なく負重をかけられる状況ですし、寝、起きにも支障はなく、飼葉喰いや水飲みなどにも何ら不自由はありません。おそらくは馬自身も少しずつ楽になっているのではないでしょうか。目下は歩様のチェックを続けつつ、落ちてしまった肉付きを戻してあげたいと思います」(荒木マネージャー)

20.12.28
 坂東牧場在厩。25日(金)に三石の家畜診療センターにてレントゲンによる精密検査を行った結果、寛骨臼の骨折が認められました。
「箇所は股関節。大腿骨頭を受ける接続部にあたる寛骨臼を骨折していることが判明しました。獣医師の所見によれば、『来春までは舎飼により安静にして治癒を待ち、それから運動を再開していく方向で』とのこと。目下はストレス反応などにもよく気を配りつつ、日々様子を見守っていきたいと思います」(荒木マネージャー)

20.12.18
 坂東牧場在厩。引き続き、舎飼により様子を見ています。
「ひと月ほど舎飼により様子を窺ってきましたが、どうもまだ左トモの歩様が完全ではない様子。よって調教師とも相談のうえ、年内にも三石の家畜診療センターに行き、精密検査を受けてみることになりました。それまでの間は、引き続き大事を取って馬房内で安静を保ちたいと思います」(荒木マネージャー)