2021年2歳馬募集(2020年)
満口
201912-1
レトロクラシック' 19
美浦
厩舎予定
1歳 青鹿毛 2019.04.04生 新ひだか産
父:エイシンフラッシュ 母:レトロクラシック (母の父:ディープインパクト)
販売総額 1,200万円 / 総口数 2000口
一口価格 6,000円
近況情報
20.10.16
 ディアレストクラブイースト在厩。現在は、おもに丸馬場にて集団調教により、口向きなどのトレーニングが行われています。馬体重400kg(10月初旬測定)
「最初のうちは我の強さや怖がる仕草を見せていましたが、じっくりと時間をかけたことにより、今は大人しく集団調教に臨んでくれていますよ。BTC(軽種馬育成調教センター)入りについては、11月からを予定しており、それまでは障害練習(60cmほどの高さの丸太を飛越するまで)なども取り入れ、自然と体を使わせながら基礎体力の向上を図ります。馬体は比較的薄手で、軽い走り。背中を使える芝馬といった印象でしょうか。飼葉喰いなどに問題はありません」(高樽担当)

20.09.18
 ディアレストクラブイースト在厩。初期馴致を開始しており、ウォーキングマシン60分にて管理されています。
「今は装鞍して丸馬場で騎乗馴致を行っている段階。用心深いような一面を見せましたので、あえて時間をかけてやらせてもらっていますが、それでも来週ぐらいには騎乗運動を進めていけるのではないでしょうか。手先が軽く、きれいなフットワークですから、芝向きのイメージ。気性は強いほうだと思います」(高樽担当)

20.09.03
 初期馴致を開始するべく、3日(木)に北海道・浦河のディアレストクラブイーストへ移動しています。

20.08.14
 木村秀則牧場在厩。先月同様、おもに昼夜放牧による管理が続けられています。
「父や母、母の父など、どれかの血が極端に偏って色濃く出ているような印象はなく、初仔でもあってもうひとつ傾向がつかみきれませんが、イメージは芝の中距離あたりといったところでしょうか。適度にまとまりのある馬体がこれからどのように大きくなってくるのか。その変化にも注目していきたいですね。育成牧場への移動に向けて、先月後半より、ハミをつけての歩行練習を進めています」(木村担当)

20.07.17
 北海道・新ひだか町の木村秀則牧場在厩。おもに昼夜放牧により管理されています。体高151cm、胸囲172cm、管囲20cm(7月中旬測定)
「いとこのパラスアテナと同じく、ウェルシュステラの牝系にキングマンボ系の種牡馬を迎えての母の待望の初仔。普段はまったく手がかからず、放牧地でも群れの陰に隠れたりして一見すると大人しそうですが、やる時はやるといった感じで、火がつく気性の持ち主ですよ。いかにもスタミナがありそうですし、生まれてこの方、これといったケガや病気をしていない点も大きな強みと言えるでしょう」(木村担当)