2022年2歳馬特別募集
202007-1
ゼロカラノキセキ' 20
満口
美浦
厩舎予定
2歳 芦毛 2020.03.26生 新ひだか産
父:ダンカーク 母:ゼロカラノキセキ (母の父:キンシャサノキセキ)
販売総額 1,200万円 / 総口数 2000口
一口価格 6,000円
近況情報
22.05.13
 テンコートレーニングセンター在厩。リフレッシュ期間を経て、2日(月)より坂路入りを再開。10日(火)より週2回の15-15を開始しています。馬体重489kg(4月末測定)
「火曜日に3F44秒台で登坂。ここからまたピッチを上げてトレーニングを積んでいきたいですね。この1~2ヶ月で体重がグッと増えているように、ちょうど今、実が入ってくる時期を迎えているのではないでしょうか。調教時も気持ちが抑えられないほどではないですし、飼葉喰いも良好。簡単にはへこたれない感じもイイですね」(伊藤マネージャー)

22.04.29
 テンコートレーニングセンター在厩。19日(火)に坂路にて3F43秒台を計時。今週よりトレッドミル馴致を兼ねたリフレッシュ期間に入っています。馬体重484kg(4月中旬測定)
「体重が増えて、見た目にも幅が出てきましたね。ここまで速めを3本乗りましたので、今週は他馬たちと同様にあえて息抜きを。今が一番大事な時期ですから、ただ攻めるだけではなく、成長を促しつつ進めていきましょう。来週からは再び坂路で乗り込んでいく予定です。その後も深管は気になりません」(伊藤マネージャー)

22.04.15
 テンコートレーニングセンター在厩。おもにトラックでのウォーミングアップ後、坂路にてハロン18~20秒ペースのキャンター2本を消化。12日(火)より15-15を開始しています。
「6頭で馬場入りし、基本的に1本目は併走、2本目は前後に馬を置いて登坂。様々な隊列に慣らしながらペースを上げています。元気が良すぎるところもありますが、若馬ですから、むしろこれくらいじゃないと。火曜日に初めて時計を出し、3F45.7-14.7で登坂しました。ここからは週1回程度少し速めを取り入れつつ、さらに乗り進めていければと思います」(伊藤マネージャー)

22.04.01
 テンコートレーニングセンター在厩。おもに坂路にてハロン18~20秒ペースのキャンター2本を乗られています。馬体重464kg(3/29測定)
「その後も深管は大丈夫そうですし、飼葉喰いや精神面など、牝馬の注意すべき点に不安を感じさせないのもイイですね。坂路で少しずつ調教を進めていますが、落ち着きを維持して頑張ってくれていますよ。ゲート通過や前扉を閉めての駐立もどうやら問題なさそう。再来週ぐらいからは15-15を取り入れていけるのではないでしょうか」(伊藤マネージャー)

22.03.18
 テンコートレーニングセンター在厩。現在は、おもに坂路にて軽いキャンター2本を消化しています。馬体重462kg(3月中旬測定)
「屋外での調教にあまり慣れていない可能性もありますので、集団で坂路に入り、慣らしながら進めているところ。右前の深管については、特に問題なさそうですね。普段から比較的大きな完歩でズンズンとしっかり歩いてくれますし、精神面では落ち着きがあり、堂々としてくれている姿が印象的です。飼葉喰いにも問題はありませんので、少しずつペースを上げていきたいと思います」(伊藤マネージャー)