2023年2歳馬募集(2021年)
202102-1
デプロマトウショウ' 21
残口わずか
美浦
厩舎予定
1歳 黒鹿毛 2021.02.03生 浦河産
父:キズナ 母:デプロマトウショウ (母の父:ファスリエフ)
販売総額 3,500万円 / 総口数 2000口
一口価格 17,500円
近況情報
22.05.13
 パカパカファーム厚賀分場在厩。昼夜放牧による管理が続けられています。
「北海道は春らしく放牧地の緑が眩しいくらいになりました。今年は雨が少ない分、牧草の成長がひと息。牧草は根っこに近いほうが美味しいため、みんなそれを競い合うように頬張っています。様子を見に行くと、全員揃って無防備に寝ているなど、車通りがほとんどないので馬達だけの平和な時間が流れています。お腹周りにまだ冬毛がしっかりと残っていますので、一見すると馬体的にアンバランスな感じもしますが、ここにきて黒光りする本来の毛色が垣間見られるようになってきましたからね。冬毛が完全に取れればガラッと変身してくれるはず。それを思うと今からワクワクします」(山田担当)

22.04.15
 パカパカファーム厚賀分場在厩。先月同様、昼夜放牧にて管理されています。
「雪が解け、放牧地がほんのり緑になり始めたところ。暖かく過ごしやすい季節になりましたので、昼間は地面に横になり、四肢を伸ばし気持ち良さそうに寝ている姿をよく見かけます。春の陽気が眠気を誘うのでしょうか、起きていても目がトローンと今はのんびり穏やかな時が流れています。青草を十分に食べられる時季になると、今度は食べることに忙しくなりますからね。それまでは日光を浴びて充電する時間ということなのでしょう。今年に入り予防接種を2回行いましたが、本馬は注射が嫌いみたいで、放牧地に見回りにくる獣医師のことを未だに避けているみたいです。最近は餌運搬車に取り付けた餌の入ったコンテナがお気に入りのようで、餌ではなく、そのコンテナにかぶりつき、軽トラを揺すって遊んでいる様子。彼女は他の馬があまりしないようなことをしますので、見ていて面白い存在です」(山田担当)

22.03.11
 パカパカファーム厚賀分場在厩。今月も昼夜放牧にて順調に管理されています。
「厳しい冬場の昼夜放牧を一日も休むことなく乗り切ってくれました。体調面においても何も心配はなく、無事に春を迎えられたことにまずはホッとしています。馬体はまだモコモコの冬毛に覆われていますが、体に幅が出て、四肢も太くなってきたのは、冬場に順調に昼夜放牧を消化できた成果であると嬉しく思っています。これから青草を十分に食べられるようになると、冬毛が抜けて馬体も大きく変わりますので、それも楽しみですよね。雪が降り積もり、深いところでは馬の膝くらいまであるのですが、本馬はわざわざその深いところへ入っていき、顔面を雪まみれにしながら芽吹いた牧草を食べていました。他馬が手を付けない場所に攻め込んで楽しそうでしたよ」(山田担当)

22.02.11
 パカパカファーム厚賀分場在厩。引き続き、昼夜放牧にて管理されています。
「今年に入って降雪に恵まれ、馬たちは大喜びです。昨年末の雪のなかった時と比べると歩き方が全然違い、今は放牧地全体が深い雪に覆われ、雪のクッションで蹄に負担がかからず快適に過ごしています。立春を過ぎて日射しも暖かく、本馬はふかふかの雪の中に寝っ転がり、ずっとそのままでいるものですから、『どこか調子でも悪いのか?』と仲間に心配されていましたが、太陽の熱で温められた体を雪で冷やすと気持ちがいいみたいですね。どうやら他馬から頼られるような存在ではないようですが、ズッコケキャラを演じているところが愛らしく、人からも馬からも好かれている人気者です。グループの中で馬体は一番大きく、キズナ産駒の体型のまま順調に育っています」(山田担当)

22.01.14
 パカパカファーム厚賀分場在厩。本格的な冬到来ですが、毎日元気に昼夜放牧に出ています。
「昨年末は全く雪がなく、固い地面に気を使いながら歩いていましたが、年明けにまとまった雪が降り、今は雪を掻き分け活発に動いています。馬達にとっては恵みの雪となりました。本馬は餌運搬車が放牧地に入ると並走して、真っ先にご飯をもらうのがお決まりになっています。必ず皆もらえるものなので焦ってもらう必要はないのですが、そこは譲れないポイントみたいです。先日削蹄で厩舎に戻ってきた時は、皆が起きているのに本馬だけが横になって高いびきで寝ていました。餌に睡眠に冬場は成長が鈍る時季ですが、ストレスなく順調に成長してくれていますよ」(山田担当)