2023年2歳馬募集(2021年)
202102-1
デプロマトウショウ' 21
満口直前
美浦
厩舎予定
1歳 黒鹿毛 2021.02.03生 浦河産
父:キズナ 母:デプロマトウショウ (母の父:ファスリエフ)
販売総額 3,500万円 / 総口数 2000口
一口価格 17,500円
近況情報
22.09.22
 9月20日(火)に滋賀県大津市のチャンピオンヒルズに移動しています。
「騎乗馴致を順調に進めることができ、移動の直前は一週間のうち坂路にてハロン18~20秒ペースのキャンターと、トラックにて軽いキャンター3000~4000mを2日ずつ、残りの3日間はウォーキングマシンでの調整。ときおりテンションが高まったり、落ち着きを欠いたりすることはありましたが、持ち前の前向きな気性は今後に活きてくるのではないかと思っています」(藤井場長)
「北海道を出発した時の馬体重が475kgで、現在の馬体重は474kg。輸送で疲れているかと思いますので体調をよく確認しながら、まずはこちらの施設環境に慣らしていきたいと思います。まだこの時期ですから腰高ですが、馬体に適度な幅があり、トモの大きな筋肉は好印象です」(畠山厩舎長)

22.08.12
 チャンピオンズファーム在厩。現在は、おもに角馬場でのハッキングと夜間放牧により管理されています。
「いくつかのステップを経ながら、鞍を置き腹帯を締めて人が騎乗できるようになるところまで馴らしており、今は角馬場で乗れる段階まできています。馴致の初期段階だけ、やや我の強いところを見せましたが、馬自身が納得してからはスムーズに進めることができていますよ。普段は大人しくて手がかからないタイプ。健康状態や飼葉喰いなども良好です」(藤井場長)

22.07.15
 チャンピオンズファーム在厩。夜間放牧にて管理されています。
「環境が変わっても特にイレ込んだりせず、すぐに落ち着いてくれましたので、順応性は高いほうと言ってよいでしょう。馬格があって、大きくしっかりしたバランスの良い馬ですよね。移動後まもなく初期馴致にも着手しており、現在は様々な物事に慣らしている段階です」(藤井場長)

22.07.11
 初期馴致の開始に備えて、10日(日)に千歳市のチャンピオンズファームへ移動しています。

22.06.17
 パカパカファーム厚賀分場在厩。引き続き、昼夜放牧により管理されています。
「6月に入っても冬に逆戻りしたのかと思うほどに肌寒い日があり、おへそのラインだけしぶとく冬毛が残っています。これが風になびいて存在を主張するのですが、寒い冬の間もずっと放牧に出ていた証。なんだか大切に取ってあるみたいです。完全に冬毛が抜けてサラブレッドに変身するまでにはもう少し時間がかかりそうですが、生まれ持った骨格に見合うだけの中身が詰まってきました。骨を丈夫にし、その周りに筋肉を付けるのは餌だけではなく運動が不可欠ですので、冬の間に休むことなく昼夜放牧を続けてこられた成果が出ています。暑くなく過ごしやすい季節ですから、毎日のんびり、いつも通りご飯の時間を一番楽しみにしているみたいで、食事の時間中にお邪魔すると、食事そっちのけで集まってくる馬もいるなか、本馬は飼い葉桶から離れたりしません。いかなる時も食べることに集中できるのは良い事ですよね」(山田担当)