2023年2歳馬募集(2021年)
202104-1
サンドクイーン' 21
残口わずか
栗東
厩舎予定
1歳 栗毛 2021.02.03生 浦河産
父:ブリックスアンドモルタル 母:サンドクイーン (母の父:ゴールドアリュール)
販売総額 2,800万円 / 総口数 2000口
一口価格 14,000円
近況情報
22.05.13
 パカパカファーム厚賀分場在厩。昼夜放牧による管理が続けられています。
「北海道は春らしく放牧地の緑が眩しいくらいになりました。今年は雨が少ない分、牧草の成長がひと息。牧草は根っこに近いほうが美味しいため、みんなそれを競い合うように頬張っています。様子を見に行くと、全員揃って無防備に寝ているなど、車通りがほとんどないので馬達だけの平和な時間が流れています。デプロマトウショウ’21が餌の入ったコンテナで遊ぶのを真似するようになり、1cm以上の厚さがある木製コンテナの角をガブリ。噛む力や首の力は相当なものだと改めて感じました。冬毛はお腹周りだけまだ残っていますが、それ以外はほとんど取れてきました」(山田担当)

22.04.15
 パカパカファーム厚賀分場在厩。先月同様、昼夜放牧にて管理されています。
「雪が解け、放牧地がほんのり緑になり始めたところ。暖かく過ごしやすい季節になりましたので、昼間は水飲み場周辺で横になり、気持ち良さそうに寝ている姿をよく見かけます。喉が渇いたら水を飲むために起き上がっていますが、それ以外はほとんど寝ているのかと思うほど地面に溶け込んでいるような気がします。これから青草が十分に食べられる時季になると、今度は食べることに忙しくなりますからね。それまでは睡眠により、体をつくる時間なのかもしれません。ここにいる1歳馬のなかでは、牡馬を含めても本馬の体格の大きさは群を抜いており、もう1、2ヶ月もしたら育成場に行けるのではないか、そう思わせるぐらいのスケール感です」(山田担当)

22.03.11
 パカパカファーム厚賀分場在厩。今月も昼夜放牧にて順調に管理されています。
「厳しい冬場の昼夜放牧を一日も休むことなく乗り切ってくれました。体調面においても何も心配はなく、無事に春を迎えられたことにまずはホッとしています。馬格は群を抜いていますが、それでいて変な太目感はなく、体の大きさに合わせてバランスよく中身が詰まってきている感じ。父ブリックスアンドモルタルの馬体に似てきましたね。父が日本で競走していない分、馴染みといった点では薄いですが、父に似た産駒は成功すると言われていますし、父から受け継いだ瞬発力が来年、日本の競馬で見られるかと思うと今からワクワクします」(山田担当)

22.02.11
 パカパカファーム厚賀分場在厩。引き続き、昼夜放牧にて管理されています。
「今年に入って降雪に恵まれ、馬たちは大喜びです。昨年末の雪のなかった時と比べると歩き方が全然違い、今は放牧地全体が深い雪に覆われ、雪のクッションで蹄に負担がかからず快適に過ごしています。放牧地一面が雪景色ですが、最近は春の陽気で日射しが暖かく、雪の下で牧草が芽吹き始めたのが分かるのか夢中になって牧草を掘り当て食んでいます。何事もソツなくこなす優等生で、彼女が群れにいることにより、私達スタッフは非常に助けられています。まだ幼駒の馬体ですが、春になって青草が出て冬毛が抜けると馬体はガラッと変わってきますからね。ここまで順調に成長してきていることですし、今後さらにどのような馬体へと変化を見せてくれるのか、楽しみでなりません」(山田担当)

22.01.14
 パカパカファーム厚賀分場在厩。本格的な冬到来ですが、毎日元気に昼夜放牧に出ています。
「昨年末は全く雪がなく、固い地面に気を使いながら歩いていましたが、年明けにまとまった雪が降り、今は雪を掻き分け活発に動いています。道路を挟んだ隣の放牧地の競走馬と時々並走しているところなどを見ますと、やはり競走馬の仔であることを実感。自然と競いたくなるみたいです。本馬は群れの中ではリーダー格といった様子で、いつも彼女の周りに仲間が集まり、頼られる存在になっています。他の馬と一緒にいると母馬がいるのかと勘違いしてしまうくらい、すでに大きくて立派な馬体をしています」(山田担当)