レトロクラシック'20 再募集
202021-1
レトロクラシック' 20
満口
栗東
厩舎予定
2歳 栗毛 2020.03.13生 新ひだか産
父:ドレフォン 母:レトロクラシック (母の父:ディープインパクト)
販売総額 1,000万円 / 総口数 2000口
一口価格 5,000円
血統診断
今年(2021年)産駒がデビューする新種牡馬ドレフォンドレフォンの戦績は9戦6勝でG1を3勝しています。中でもブリーダーズカップ・スプリント(G1)の勝利は、この年の最優秀チャンピオンスプリンターを決定づけるレースとなりました。ブリーダーズカップ・スプリントを勝つ馬というのは世界で1番足が速い馬ということですし、そのような馬が日本に種牡馬として導入されたというのは衝撃でもあります。

ドレフォンの血統構成はアメリカの3冠を制したJustifyと良く似ています。Justifyはクラシックディスタンスに適性を示しましたが、ドレフォンはスプリンター側に適性が寄っていました。種牡馬としてドレフォンが中距離馬を量産しても不思議ではありません。特に欧州血統が豊富なレトロクラシックの様なタイプを相手にした場合は中距離馬を送り込むのではないかと想像できます。

本馬の母父ディープインパクトStorm Cat系と相性が良いのは有名で、キズナサトノアラジンリアルスティールラヴズオンリーユーなど大物を送り込んでいますが、実はDeputy Minister系とも好相性を示しており、マカヒキショウナンパンドラサングレーザーステファノスなど活躍馬を輩出しています。ドレフォンStorm Cat系×Deputy Minister系で生産されていますのでドレフォン×ディープインパクトの配合は理にかなった配合です。この組み合わせから大物が出現するのは時間の問題だと考えられます。
プラスビタールスピード遺伝子検査