パーフェクトラヴ
パーフェクトラヴ
Perfect Love
2歳 鹿毛 2017.02.21生 栗東・高柳大輔
父:オルフェーヴル 新ひだか産
母:ハイアーラヴ 札幌競馬場在厩
(母の父:Sadler's Wells)
馬名由来:英語で“完璧な愛”。母名より連想して
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
※各詳細情報は会員ログインでご覧いただけます
近況情報
19.07.11
(会員限定)
19.07.08
(会員限定)
19.07.05
 シュウジデイファーム在厩。火曜日に2本登坂しており、1本目は15-15程度、2本目は3F40秒台を消化。7日(日)の札幌競馬場入厩が予定されています。
「仕掛けてからの動きなどを見ますと、まだ体力がつききっていない感じでしょうか。ただ、この時期から色々と経験できるのはプラスですし、この入厩も今後の糧としていきたいですよね。ゲートに関しては、扉に反応して真っ直ぐ出てくれますので、あとは急かして出して行った際にどうかでしょう。今週はすでに速めをやっていますので、ゲート確認もしくは15-15を乗って送り出すことになると思います」(石川代表)
「背丈の割にまだ幅がもうひとつ。とりあえずゲート試験に合格させておき、さらに乗り込みを重ねていきたいですね。馬体に雰囲気はありますので、あとは実が入ってくるのを待ってあげたいところです」(高柳大調教師)
19.06.21
 シュウジデイファーム在厩。おもにBTCの屋内ダートトラックにて軽いキャンター2400m、または屋内坂路にてハロン17~20秒ペースのキャンター1~2本を消化。週1回、坂路にて3F41秒程度を乗り込まれています。
「『7月7日(日)の札幌競馬場直接入厩を目標』に調整を進めており、『まずはゲート試験に合格させておきたい』と調教師。すでに枠入り、駐立ともに問題はありませんので、あとは発馬の際に頭を上げることなく本番のスピードに乗って行ければ、ですよね。気のイイ馬ですし、上背は伸びてきていますから、あとは成長していく中でお尻周りなどに肉を付け、もっと体重を乗せていければと思います」(石川代表)
19.06.07
 シュウジデイファーム在厩。おもにBTCの屋内ダートトラックにて軽いキャンター2400m、または屋内坂路にてハロン16~20秒ペースのキャンター1~2本を消化しています。馬体重423kg(5月末測定)
「『この先のゲート試験に対応できるよう、しっかりと練習を重ねておいて欲しい』と調教師。昨年こちらに来た当初は周りを気にして敏感に反応するようなところを見せていましたが、調教が進んだ今では問題なく対処できていますよ。ただ、この後さらにペースが上がったり、トレセンの環境に移ったりした際にどうなるかが課題。そのあたりも念頭に置きながら、引き続き念入りに進めていきたいと思います」(石川代表)
関連コンテンツ