事故見舞金(平成29年度 中央競馬馬主相互会『事故見舞金関係規定集』より抜粋)
中央競馬馬主相互会より見舞金・抹消給付金・付加金が支給されます。 見舞金・抹消給付金・付加金については、支給の都度クラブでお預かりし、出資馬の引退精算分配時にその総額を出資口数に応じて配当いたします。

事故番号 事 故 の 種 類 見舞金の額
1 競走中の事故により死亡し、または死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合 6,150,000円
2 調教中または輸送中の事故により死亡し、または死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合 6,000,000円
3 競走中の事故により競走の用に供することができなくなった場合 5,750,000円
4 調教中または輸送中の事故により競走の用に供することができなくなった場合 5,700,000円
5 競走中の事故により事故発生の日から1年以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,700,000円
6 調教中または輸送中の事故により事故発生の日から1年以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,650,000円
7 競走中の事故により事故発生の日から9ヵ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,350,000円
8 調教中または輸送中の事故により事故発生の日から9ヵ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 3,300,000円
9 競走中の事故により事故発生の日から6ヵ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,900,000円
10 調教中または輸送中の事故により事故発生の日から6ヵ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,850,000円
11 競走中の事故により事故発生の日から3ヵ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,250,000円
12 調教中または輸送中の事故により事故発生の日から3ヵ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,200,000円
13 競馬会の施設内において、法定伝染病以外の疾病または負傷により死亡し、または死にひんし救うことのできない状態に陥ったものと認められて安楽死の処置がなされた場合(第15号に該当する場合を除く) 5,850,000円
14 競馬会の施設内において馬伝染性貧血により死亡し、または殺処分された場合 5,000,000円
15 競馬会の施設内において、法的伝染病または天災地変、火災、落雷、暴動等により死亡し、または安楽死の処置がなされた場合(第14号に該当する場合を除く) 5,850,000円
16 競馬会の施設内において発生した四肢その他の故障により中央競馬の競走馬として不適格と認められ、競走馬登録を抹消する場合(前各号に該当する場合を除く) 700,000円
17 競馬会の施設内において発生した腱炎(屈腱炎を除く)、関節炎、蹄病、骨瘤、骨膜炎、眼病、鼻出血、心房細動、肺炎、胸膜炎、フレグモーネ、肩跛行、および寛跛行により、ひき続き6ヵ月以上中央競馬の競走に出走できなかった場合 1,500,000円
(通算して3回目以上の場合)
750,000円
18 競馬会の施設内において発生した屈腱炎により9ヵ月以上中央競馬の競走に出走できなくなった場合 2,950,000円


※第3号から第12号までの事故とは、骨折、脱臼、外傷または腱断裂をいう。
※第16号の見舞金の支給対象は、平成16年4 月1日から平成18年10月31日までに、改正前の見舞金規定における第16号第1項に定めるB支給を受けたことがある馬に限る。