2020年2歳馬募集
満口
201807-1
バスラットアマル' 18
栗東
厩舎予定
2歳 鹿毛 2018.03.25生 浦河産
父:キズナ 母:バスラットアマル (母の父:New Approach)
販売総額 3,400万円 / 総口数 2000口
一口価格 17,000円
名匠を魅了する才能の芽、未知の領域への新たな挑戦が始まる。
写真 20.06.05 up!
動画 20.06.05 up!
FAMILY TOPICS
20.05.03
いとこスティッフェリオが京都11R天皇賞・春(G1・芝3200m)で2着!
20.04.19
おじゴールドスミスが中山9R鹿野山特別(2勝クラス・芝2000m)で優勝!
20.03.28
いとこシーリアスラブが中京8R1勝クラス(芝2000m)で優勝!
20.03.28
いとこスティッフェリオが中山11R日経賞(G2・芝2500m)で3着!
20.02.02
おじゴールドスミスが東京7R1勝クラス(ダ2100m)で優勝!
バスラットアマル' 18
2019年ファーストシーズンサイアーのJRA初勝利を獲得し、ディープインパクトの最有力後継者との呼び声も高い父キズナが送るハイポテンシャルホース。思わず見入ってしまう洗練された好馬体は豊富な筋肉量を誇示しており、得意の舞台は芝のマイルから中距離あたりとなりそうだ。毎年、何百頭にも及ぶ馬見を重ねる名匠・矢作芳人調教師。その厳しい目に留まった天性の才能が、未知の領域への挑戦を可能にする。

【調教師コメント】
自らが厳選した良質馬、走って欲しいですし、走らせないといけません。
毎年、産まれてきた当歳馬を何百頭と見て回っているのですが、本馬はその中から厳選した一頭で、すでに初年度産駒が好スタートを切っているキズナの良質馬であることを考えれば、好条件で手に入れることができましたよね。父は配合牝馬によって色々なタイプを出しますが、ニューアプローチの肌にしてはマイラー体型で、私好みの筋肉量が多いタイプ。芝の1600~2000mあたりのイメージと言ってよいでしょう。日高の生産馬については人一倍多くチェックをしている自負がありますし、自分が選ばせていただいた馬でもありますから、何とか走って欲しいですし、走らせないといけません。このような厳選馬たちの多くは過去にも結果を残してくれていますので、本馬もそれらに続くことができるよう、しっかり管理していきたいと思います。(矢作芳人調教師)
20.06.05 up!
 シュウジデイファーム在厩。おもにBTCの屋内ダートトラックと坂路にてハロン17~18秒ペースのキャンターを消化。週1回の速めを乗り込まれています。
「今週は火曜日に3F40秒程度。まだ先頭に行かせるとフワフワすることもありますが、乗り込んでいくにつれて身のこなしがほぐれ、体力も付き、力強い走りができるようになってきましたね。前半はしっかりと折り合い、終いはグイッと駆け上がってくるなど、いい流れで成長が進んでいると思います。ゲート練習も何ら問題なくこなしてくれていますよ」(石川代表)