2025年2歳馬追加募集(2023年)
202301-1
(外)Ononimo' 23
残57口
栗東
厩舎予定
1歳 鹿毛 2023.01.31生 米国産
父:American Pharoah 母:Ononimo (母の父:ハードスパン)
販売総額 8,000万円 / 総口数 4000口
一口価格 20,000円
近況情報
24.03.15
 米国グレンクレストファーム在厩。放牧中心の管理が続けられています。
「季節の変わり目でもあることから、四肢のレントゲン検査を行いました。球節、手根骨、後膝など、どこも異常なしです。引き続き元気に、そして順調に成長が進んでいますよ。欲を言えば、トップラインからヒップラインにかけての力強さがもう少し欲しい気もしますが、まだ1歳のこの時期ですからね。これから暖かくなるにつれて、さらに良くなってくると思います」(ジョン・グレートハウス代表)
※外国産馬の馬体重・測尺につきましては来日後に測定の上、お知らせいたします。ご了承ください。

24.02.16
 米国グレンクレストファーム在厩。先月同様、放牧中心の管理が続けられています。
「順調に体高が伸びています。これでもう背丈については心配ないですね。これからは健康的な体重を維持しつつ、来たる春に向けて重くなりすぎないようにサプリメントを与えてフレーム強化をおこなっていく予定です。1歳馬の場合、牧草の生育が始まる時季に急激に目方が増えすぎてしまうケースがありますからね。その点に気を付けながら、しっかりと管理を進めていきます」(ジョン・グレートハウス代表)

24.01.19
 米国グレンクレストファーム在厩。現在は、明け1歳馬9頭と一緒に放牧中心の管理が続けられています。
「このところ寒くなってきて夜は氷点下。これから本格的な冬の厳しさを経験することになりそうです。凍てつくような雨の夜は馬房に入れますが、馬体が濡れない限りは乾草をたくさん用意して屋外に放っています。生まれたばかりの頃の姿からは想像もつかないほど大きくなりつつあり、すでに標準程度のサイズにまで成長が進んでいます。現時点では前駆の格好をすごく良く見せますね。このまま春までは現在のグループで過ごす予定です」(ジョン・グレートハウス代表)

23.12.15
 米国グレンクレストファーム在厩。引き続き、放牧中心の管理となっています。
「離乳後から大きく成長しており、体格が同年齢の平均値を超えてきました。尻高の馬体はさらに成長期を迎えていることを物語っていますよね。それと同時に自我が強くなってきたようにも感じます。放牧地ではボス的存在の馬と仲良くフィールドを駆け回っており、落ち着いているところを見ますと、きっと居心地が良いのではないでしょうか。筋肉や股関節なども順調に発達してきていますし、歩き方も良好。まだまだ良くなってくると思います。現段階では芝のイメージ。馬体が成長するにつれて胴が伸びてきましたので、距離の融通性もありそうです。このままうまく冬を越してさらに調子を上げていって欲しいですね」(ジョン・グレートハウス代表)

23.11.06
 米国ケンタッキー州ミッドウェイのグレンクレストファーム在厩。おもに他の離乳馬たちと共に放牧による管理が続けられています。
「ミディアムサイズにまで成長してきており、肩や股関節が強くなり、より自由に力強く、大きく動けるようになってきましたね。今日に至るまで良い成長曲線を描いていることにとても満足しています。9月に来場した矢作調教師も『良い馬です』と仰っていたように、品格があって従順なタイプです。父は三冠馬、母もかなりの良血ですから、父母双方より素質を受け継いでいるように思います。これから冬を迎えますが、力強く成長していってくれるものと感じています」(ジョン・グレートハウス代表)