平成をそっと振り返ってみる(14)

公開日: : その他, 全般

◆平成14年(2002年)

歴史的スーパーサイアー・サンデーサイレンスが

惜しくもこの世を去った2002年。

 

ガーネットステークスをブロードアピールが制し、

8歳牝馬としてJRA初の重賞勝ちを果たすと、

シルクロードステークスではゲイリーフラッシュが波乱を呼ぶ劇走。

9歳馬による重賞制覇もJRA史上初のことでした。

古豪が息長く第一線で活躍を見せてくれるようになったのも、

施設面の充実や管理面における努力と進歩が少なからず

成果として表れ始めたものと言ってよいでしょう。

 

また、東京競馬場の改修工事に伴い、

ジャパンカップとジャパンカップダートは中山競馬場で、

スプリンターズステークスは新潟競馬場で行われる

珍しい年でもありました。

(この時にJCを制したのが、エレナレジーナの母父でもある

ファルブラヴでしたよね)

 

暮れの中山大障害では、

ニュージーランドのロシェル・ロケット騎手が

女性騎手として初めてJRA重賞を制覇。

迎えた2019年、

今度は日本人女性騎手がJRA重賞を制する

歓喜の瞬間がいよいよ訪れるかもしれません。

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(24)

◆平成24年(2012年) 横浜居留地にいた居留外国人のレクリエーションを発端に、 現在

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(23)

◆平成23年(2011年) 今もなお大きな爪痕を残す東日本大震災の惨事により、 東日本地

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(22)

◆平成22年(2010年) “芦毛の怪物”こと、アイドルホースの オグリキャップが息を引

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(21)

◆平成21年(2009年) ダイワスカーレット、ヴィクトリー、 ディープスカイ、ピンクカ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(20)

◆平成20年(2008年) 4歳を迎えたウオッカが 安田記念と天皇賞・秋を制し年度代表馬

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(19)

◆平成19年(2007年) 先日、惜しまれつつこの世を旅立ったウオッカが、 64年ぶりと

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(18)

◆平成18年(2006年) 馬券に「がんばれ!」の文字がプリントされる “応援馬券”の発

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(17)

◆平成17年(2005年) シンボリルドルフ以来21年ぶり、 史上2頭目となる無敗での三

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(16)

◆平成16年(2004年) JRA創立50周年を記念して“ゴールデンジュビリーデー”と銘打ち、

記事を読む

PAGE TOP ↑