平成をそっと振り返ってみる(14)

公開日: : その他, 全般

◆平成14年(2002年)

歴史的スーパーサイアー・サンデーサイレンスが

惜しくもこの世を去った2002年。

 

ガーネットステークスをブロードアピールが制し、

8歳牝馬としてJRA初の重賞勝ちを果たすと、

シルクロードステークスではゲイリーフラッシュが波乱を呼ぶ劇走。

9歳馬による重賞制覇もJRA史上初のことでした。

古豪が息長く第一線で活躍を見せてくれるようになったのも、

施設面の充実や管理面における努力と進歩が少なからず

成果として表れ始めたものと言ってよいでしょう。

 

また、東京競馬場の改修工事に伴い、

ジャパンカップとジャパンカップダートは中山競馬場で、

スプリンターズステークスは新潟競馬場で行われる

珍しい年でもありました。

(この時にJCを制したのが、エレナレジーナの母父でもある

ファルブラヴでしたよね)

 

暮れの中山大障害では、

ニュージーランドのロシェル・ロケット騎手が

女性騎手として初めてJRA重賞を制覇。

迎えた2019年、

今度は日本人女性騎手がJRA重賞を制する

歓喜の瞬間がいよいよ訪れるかもしれません。

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

スマイリンフィット!いよいよ明日(7月17日・水曜日)入厩予定!!

スマイリンフィット! いよいよ 明日(7月17日・水曜日)入厩予定!!  

記事を読む

スマイリンフィット、来週入厩予定!

スマイリンフィット、来週入厩予定! ディープインパクトを母父に持つ本馬は、 そのディープイン

記事を読む

グレイスフルソング’18 早くも「残口わずか」へ

本朝10:00より、WEB、お電話にて募集を開始いたしました グレイスフルソング’18ですが、先ほ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(31)

◆平成31年(2019年) 競走体系上および生産の指標として、 オープン競走の一部の格付

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(30)

◆平成30年(2018年) JBC競走が初めてJRA京都競馬場で実施され、 一日に3鞍の

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(29)

◆平成29年(2017年) 春の大阪杯と暮れのホープフルSが G1競走に格上げとなったこ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(28)

◆平成28年(2016年) 藤田菜七子候補生の新規騎手免許試験合格により、 16年ぶりに

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(27)

◆平成27年(2015年) M.デムーロ、C.ルメール両騎手が 新規騎手免許試験に合格し

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(26)

◆平成26年(2014年) ジャパンCダートを「チャンピオンズC」に改め、中京競馬場で開催。

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

PAGE TOP ↑