期待の新種牡馬キタサンブラック産駒!!

4月19日 福島7R 3歳未勝利戦で見事な勝ちっぷりを見せたアレス。
3~4コーナーで追い上げた際は他の馬が止まって見えるほど。非常に強い勝ち方が印象的でした。

さて、アレスの血統を紐解くと父はブラックタイド。
ご存知の通り、ディープインパクトの全兄で現役時代はG2で1勝を挙げるにとどまりましたが、種牡馬として産駒の躍進が目立ちます。

ブラックタイドの産駒の代表馬は『キタサンブラック』。
2017年の有馬記念を最後に惜しまれつつ引退したのは、皆さまの記憶にも新しいかと思います。

戦歴を振り返ると3歳新馬でデビュー勝ちし、2戦目から北村宏司騎手にスイッチすると3歳500万下、フジTVスプリングS(G2)を連勝。春のクラシックは結果を残せませんでしたが、秋は朝日杯セントライト記念(G2)での勝利をステップに菊花賞(G1)で嬉しいビッグタイトル初制覇を成し遂げました。

翌年は競馬界の至宝・武豊騎手を鞍上に配し、天皇賞(春)(G1)、秋にはジャパンC(G1)にも優勝し、G1タイトルを2つ追加しました。

そして、完成期を迎えた5歳シーズンは大阪杯(G1)を皮切りに春秋の天皇賞制覇。春の天皇賞はレコード勝ちし、秋は極悪馬場、発馬のロスを克服して勝利。名実とも国内最強の座を揺るぎなきものとし、ラストランの有馬記念(G1)も勝ち、史上最多タイ中央G17勝をマーク。日本競馬史に残る名馬なのは言うまでもありません。

戦うごとに強くなる成長力や、タフさはブラックタイド産駒の特徴がよく出ていたように感じます。530キロを超える雄大な馬体から繰り出されるストライド、相手をねじ伏せる不屈の闘志が非常に魅力的で、2年連続年度代表馬にも輝きました。

ショウナンカラット’19においても、脚が長く、スマートな佇まい、そして額の鮮やかな流星はキタサンブラックの良さをしっかり継承しております。

1歳 黒鹿毛 2019.03.10生 浦河産
:キタサンブラック:ショウナンカラット (母の父:ブライアンズタイム)


<販売総額 2,200万円 / 総口数 2000口  一口価格 11,000円>

また、ショウナンカラット’19をおすすめする上で、着目したいポイントがあります。
それは、「3月10日生まれ」という点です!!!
3月10日生まれは、本馬の父であるキタサンブラック、現役最強馬とも言われるアーモンドアイ、他にもサトノクラウン、スワーヴリチャード、ロゴタイプ…遡るとビワハヤヒデも同日生まれでした。この情報だけでも、期待が膨らみませんか??

待望のキタサンブラック産駒!!ということで、申し込み開始からお問い合わせを多くいただいております。
この機会に、憧れの種牡馬の産駒を一緒に応援しましょう。

ぜひ、ご検討ください♫

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


ひろお君の最近の記事

no image

今週の出走(5月25日)

ウィンダミア 24.05.25 14:35 東京9R  富嶽賞(混) (ダ1400m)吉田豊騎手

記事を読む

no image

とてもお得なキャンペーン【新規・ステップアップ・継続特典】のご説明!!

今週はいよいよ、3歳世代の頂点を決める「⽇本ダービー」が開催されます。タスティエーラが制した昨年の⽇

記事を読む

no image

今週の出走(5月18日・19日)

アリーエテルネ 24.05.18 10:35 京都2R 3歳未勝利(混) (ダ1200m) 高倉稜

記事を読む

no image

ハイアーラヴ’22、残口わずかです

今週末にはいよいよ3歳牝⾺によるオークス(G1)がおこなわれます。競馬ファンにとって楽しみな週末が続

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~ジーベック②~

●ジーベック 2024.04.27 京都3R 3歳未勝利(ダ1900m) 優勝!! ☆初勝利お

記事を読む

no image

今週の出走(5月11日)

グランツベリー 24.05.11 13:15 京都7R 4歳以上2勝クラス(混) (芝1200m)

記事を読む

no image

武英智厩舎入厩予定、ティルナノーグ(スマートオランプ22)残257口

5月に入り、東京競馬場では5週連続でG1が開催されていますが、5月26日(日)には3歳世代の頂点を決

記事を読む

no image

今週の出走(5月4日・5日)

レモンシフォン 24.05.04 10:15 東京1R 3歳未勝利(牝)(ダ1400m) 吉田豊騎

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~ジーベック~

●ジーベック 2024.04.27 京都3R 3歳未勝利(ダ1900m) 優勝!! ☆よく頑張

記事を読む

no image

ゴールドシップ産駒のストームハート’23、絶賛募集中

先週末は、伝統の長距離G1「 天皇賞・春(G1) 」が京都競馬場おこなわれ、菱⽥騎⼿騎乗のテーオーロ

記事を読む

PAGE TOP ↑