エレナレジーナ’22、【残105口】です!!

先週の日曜日には、中山競馬場で暮れの大一番「有馬記念(G1)」がおこなわれました。勝ったのは武豊騎手騎乗のドウデュース。3-4コーナーからの手応え充分なマクリ差しはまさに強さの証明そのもの。ドウデュースの復活、そして武豊騎手の怪我からの復活と、今年もドラマチックな有馬記念となりました。

そんな有馬記念で今でも印象に残っているのがなんと言ってもオルフェーヴル。2011年の有馬記念を制していますが、オルフェーヴルの強さが際立っていたのは引退レースだった2013年の有馬記念ではないでしょうか。最終コーナーで一気にマクリ切って先頭に立つと、後は後続との差を広げるばかり。最後は8馬身差をつけて勝利したその走りは今でも鮮明に覚えています。

そんなオルフェーヴルは現在種牡馬として活躍しており、ラッキーライラックやエポカドーロ の芝G1馬はもちろん、ウシュバテソーロやマルシュロレーヌのようなダートや海外で活躍する馬まで多岐に渡ります。

現在当倶楽部でもオルフェーヴル産駒のエレナレジーナ’22が募集中となっております。【残105口】とカウントダウンが点滅しておりますので、ご検討中の方は、是非お早めの出資をお願い いたします。

エレナレジーナ’22残105口
牝1歳 鹿毛 2022.03.10生 新ひだか産
父:オルフェーヴル 母:エレナレジーナ (母の父:ノヴェリスト)
美浦・加藤征弘厩舎予定

23.12.15
吉澤ステーブル在厩。現在は、おもにBTCの屋内直線ウッドチップ馬場にてハロン19~22秒ペースのキャンター1~2本を乗り込まれています。馬体重405kg(12月上旬測定)
「一度、坂路にてハロン18秒ペースを乗りましたが、基本的にはフラットコースでじっくりと。馬体重が400kg台に乗ってきたとはいえ、まだ小ぶりに映りますし、あまり一度に進めていくと気持ちが入り過ぎて頭を上げたり、飼葉を少し残したりしますからね。目下は無理なく適度に緩急をつけながら、理想的な走行フォームや力の出し入れを教えていきたいと考えます」(本田広報担当)

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


ひろお君の最近の記事

no image

今週の出走(4月20日)

イエルバブエナ 24.04.20 13:25 京都7R 4歳以上1勝クラス(混) (ダ14

記事を読む

no image

新規・ステップアップ・継続特典についてのご説明!!

お知らせでもご案内させていただいておりますが、エンパイアブルー’22、(外)Ononimo'23が満

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~マジックブルー②~

●マジックブルー 2024.04.02 金沢7R 加賀獅子吼賞(ダ1500m)優勝!! ☆番手

記事を読む

no image

今週の出走(4月13日・14日)

ジーベック 24.04.13 10:55 阪神3R 3歳未勝利(ダ2000m) 坂井瑠星騎手

記事を読む

no image

兄に重賞2勝のクレッシェンドラヴ、ハイアーラヴ’22絶賛募集中

4⽉に⼊り、中央競⾺は本格的なG1シーズンに突⼊。満開の桜の下で開催された桜花賞を皮切りに、2024

記事を読む

no image

今週の出走(4月6日・7日)

ウィンダミア 24.04.06 14:35 中山9R 葛飾特別(混)(ダ1200m) 森泰斗騎手

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~マジックブルー~

●マジックブルー 2024.04.02 金沢7R 加賀獅子吼賞(ダ1500m)優勝!! ☆ドバ

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~チェルシー②~

●チェルシー 2024.03.23 中山1R 3歳未勝利(牝)(ダ1200m)優勝!! ☆おめ

記事を読む

no image

半兄マジックブルーが勝ち上がり、エンパイアブルー22【残157口】

勝ち上がりを目指し、昨日4月2日(火)金沢7R 加賀獅子吼賞に出走したマジックブルー。課題でもあった

記事を読む

no image

今週の出走(4月2日)

マジックブルー 24.04.02 15:50 金沢7R 加賀獅子吼賞(交流)(ダ1500m)坂井瑠

記事を読む

PAGE TOP ↑