平成をそっと振り返ってみる(13)

公開日: : その他, 全般

◆平成13年(2001年)

国際化政策の一環として、馬齢表記がそれまでの数え年から

諸外国で採用されている満年齢に変更されたこの年。

 

テイエムオペラオーが史上初となる天皇賞3連覇の快挙、

また、外国産馬へのクラシック開放元年を迎えた日本ダービーでは、

内国産馬ジャングルポケットが21世紀最初のダービー馬に輝きました。

 

そして、暮れの香港ミーティングでは、

香港ヴァーズでステイゴールド、香港マイルでエイシンプレストン、

香港カップでアグネスデジタルが、それぞれ見事に優勝。

一日で3つの国際G1レースすべてを日本馬が制した光景は

今もなお鮮明に心の中に刻まれています。

 

一方、施設面では新潟競馬場が右回りから左回りに改装され、

さらには国内唯一となる「直線芝1000m」の舞台が新登場。

レース条件のバリエーションが広がったことにより、

いだてんホースにもスポットライトが当たるようになったのは、

ありがたいことですよね。

スプラッシュエンド、オーパルス、エルカミーノレアル、

シャトルアップたちが、懸命に「直千」を駆け抜けていく姿。

いつもドキドキでした。

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(24)

◆平成24年(2012年) 横浜居留地にいた居留外国人のレクリエーションを発端に、 現在

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(23)

◆平成23年(2011年) 今もなお大きな爪痕を残す東日本大震災の惨事により、 東日本地

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(22)

◆平成22年(2010年) “芦毛の怪物”こと、アイドルホースの オグリキャップが息を引

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(21)

◆平成21年(2009年) ダイワスカーレット、ヴィクトリー、 ディープスカイ、ピンクカ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(20)

◆平成20年(2008年) 4歳を迎えたウオッカが 安田記念と天皇賞・秋を制し年度代表馬

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(19)

◆平成19年(2007年) 先日、惜しまれつつこの世を旅立ったウオッカが、 64年ぶりと

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(18)

◆平成18年(2006年) 馬券に「がんばれ!」の文字がプリントされる “応援馬券”の発

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(17)

◆平成17年(2005年) シンボリルドルフ以来21年ぶり、 史上2頭目となる無敗での三

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(16)

◆平成16年(2004年) JRA創立50周年を記念して“ゴールデンジュビリーデー”と銘打ち、

記事を読む

PAGE TOP ↑