坂路の馬場改修。

遠く離れたここ東京でも台風の影響が出ており、ここ数日は雨が急に降り出したと思ったら、急に止んでみたりと非常に不安定な天候が続いています。台風はこの後中国地方から北の日本海に抜けるようですが、予報通りのルートを通ると、その後東寄りに進路を変更して、週末には東北から北海道にかけて影響を及ぼす可能性もありそうです。台風の予想進路上にお住まいの皆様、十分お気をつけください。

そんな台風の影響は今週末の競馬に部分的には残りそうですので、少々心配ではありますが、雨が降ると影響が大きかったと言えば美浦トレセンの坂路。先週末に閉鎖をして、一気にウッドチップの入れ替えをして改修したようです。ウッドチップが古くなっていたのか一部走りにくい箇所もあったようで、部分的に入れ替えしていくような話も出ていたのですが、一気に作業を完了させてしまったのかもしれませんね。

実際、先週までは梅雨の時期ということもあって、いつもにも増して走りにくい馬場だったようで、時計も非常にかかっていましたが、今週水曜日の追い切りは天候も良く馬場状態も良かったせいか、以前のように速い時計が出るようにもなりました。騎乗している方の話を伺っても、馬場が良くなって走りやすかったという感想が多かったですし、実際、馬が走っている姿を見ても、確かに走りやすそうにも見えました。

坂路のウッドチップが深く負荷がかかるというアドバンテージがある一方で、馬場が深いため脚を取られてしまうという意見も出ていましたので、これで大分安全度も増し、走りやすくなったのではないかと思います。

もちろん、正確にはもう少し様子を見てみないと分からない部分はありますし、今後、雨が降って馬場が悪化した場合にはどうなるかという点も気になる材料ではありますが、ただ、調教時計を参考にされる方は、特に今回の坂路の馬場改修については頭に入れておいても良さそうですよね。

そんな改修前の負荷のかかる坂路で追い切りを重ねてきたアカラが今週末福島で出走を予定しています。ここまでトレセンで入念に乗り込まれてきましたし、色々なパターンを想定して実戦に向けて調教を積むことができました。

大和田調教師のここまでの調整方法を見ていると、馬だけではなく乗り手の精神状態も考慮して馬の少ない時間帯を選んで調教を行うなど、様々な工夫をされているようです。そんな工夫が初戦から実ることを期待したいところですが、馬の方はまだ2歳馬らしく馬に緩さが残っていて、全体的に未完成な印象のようですので、まずは初戦を使ってからというお話でもありました。

ただ、新馬戦はどの馬にとっても初めての実戦でもありますし、実際どのようなレースになるかは分かりませんので、まずはどのようなレースぶりになるかを見守りたいところ。同じく今週末、久々に函館で出走するゴッドフロアーと共に注目したいと思います。みなさまも、ぜひ応援のほど、よろしくお願いいたします。

アカラ

アカラ

 

(スタッフ:なかむら)

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

先週末の中央競馬勝ち馬

新規でご入会をご検討中の方は、新規・ステップアップ特典が適用され、4口分の馬出資金が0円となることを

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

11/7から申込受付が開始となった2023年・2024年2歳馬追加募集馬のうち、開始後3日でゴッドフ

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

初年度産駒が2歳戦で次々と勝ち上がっているリアルスティール産駒。先週もトーホウガレオンが阪神の芝18

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

先週はパンサラッサが天皇賞(秋)に出走しました。1000m通過が57.4というハイペースで外連味のな

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

秋の天皇賞の勝ち馬というと、モーリス、キタサンブラック、アーモンドアイなど名馬がズラリと揃うレースの

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

ここ数ヶ月のうちに引退する馬が多く出ましたが、他の馬に出資しようかとご検討中の方もいらっしゃるかと思

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

馬を選ぶポイントは人それぞれかと思います。馬体派の方、血統派の方、厩舎派の方など、人によって重きを置

記事を読む

クレッシェンドラヴ&アドバンスマルス

先週末の中央競馬勝ち馬

クレッシェンドラヴが現役を退くこととなりました。2歳の10月にデビューしてから6年間という長きにわた

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

今週末は秋競馬の最初のG1スプリンターズステークスが中山競馬場で行われます。 スプリンターズス

記事を読む

先週末の中央競馬勝ち馬

今週末はクレッシェンドラヴがオールカマー(G2)に出走を予定しています。オールカマーには2019年と

記事を読む

PAGE TOP ↑