ルメール騎手を相撲部屋へ

こんにちは、むねひろ よしたかです。

先週桜花賞を勝ったアーモンドアイ。レース内容も完璧だった4戦4勝のラッキーライラックを、並ぶ間もなく差し切ってしまいました。
ラッキーライラックのレース振りは今回の桜花賞も完璧なもので、それを4コーナー殿り2番手から一瞬にして交わした同馬の末脚は、それはそれは恐ろしいほどの切れ味でした。
昨日、ルメール騎手を相撲部屋へ朝稽古見学の案内をしたのですが、その時の話で『二四の距離も問題ないし、牡馬相手のダービーに出ても面白いのではないか。』というコメント。むしろ出て欲しいというニュアンスにさえ取れました。
これほど高い能力を持っていることを桜花賞を乗り終わってから知った感じで、同騎手もかなり驚いた様子でした。
距離については千六→二四とかなり延びるだけにやってみなければ分からないというのが外側から競馬を見ている私の意見ですが、歴史的牝馬になる可能性もある馬の次走は楽しみに違いありません。

(右前:ルメール騎手、左前:怪我療養中の宇良和輝 右後:舩山陽司アナ)

 

アーモンドアイの父はロードカナロア。広尾サラブレッド倶楽部のカナロアガール(サンデーローザ’16)もその父の産駒の快進撃に肖(あやか)ってもらいたいものです。キャンセル募集については、たくさんのご応募ありがとうございました。

写真)可愛い瞳で見つめるカナロアガール

ロードカナロア産駒アーモンドアイが強すぎたので広尾のカナロア産駒をアピールする

アーモンドアイ近親ナグラーダ、順調/フサイチパンドラとレフィナーダの関係

 

では何故、桜花賞でそれほどの強さを見せたアーモンドアイが新馬戦で<2>着に負けたのかとルメール騎手に尋ねたところ、『千四の距離・直線の短い内回りコース・勝ち馬は3キロ減量。』と3つの理由を挙げてくれました。
新馬戦は、将来の重賞勝ち馬とそのまま未勝利で終わってしまう馬が混在しているレース。ですが、将来G1を勝つアーモンドアイが、その後まだ勝ち星を挙げていない馬に負けてしまうという馬券面の面白さをルメール騎手を通して再確認することが出来ました。
やはり、新馬戦は大穴が飛び出す可能性が大きくあり、魅力溢れるのレースです。6月1週目から始まる新馬戦を楽しみにお待ち下さい。【ムネヒロネット(http://www.munehiro.net)】でも糧にしたいと思います。

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


棟広 良隆の最近の記事

オジュウチョウサンの次走

こんにちは、むねひろ よしたかです。 オジュウチョウサンの次走が中山グランドJに決まったことが

記事を読む

新人騎手・調教師がデビュー

こんにちは、むねひろ よしたかです。 3月から新人騎手・調教師がデビューしましたが、斎藤新騎手

記事を読む

来週3月16日(土曜日)に『馬名選挙座談会』が行われます!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 来週3月16日(土曜日)に『馬名選挙座談会』が行われることが

記事を読む

追加募集、3月3日スタート。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 ウェルシュステラ’18(父グランプリボス)の追加募集が3

記事を読む

伊藤正徳調教師、お疲れ様でございました。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 今週で8名の調教師(沖芳夫氏・栗田博憲氏・坂口正則氏・柴

記事を読む

2017年度産駒の馬名選挙がスタート

こんにちは、むねひろ よしたかです。 2017年度産駒の馬名選挙がスタートしました。10頭が対

記事を読む

『棟広良隆レース予想キャンペーン』

こんにちは、むねひろ よしたかです。 昨秋のG1シリーズの際に行いました『棟広良隆レース予想キ

記事を読む

JRA女性騎手、初のG1騎乗。非常に楽しみ。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 4連勝で先週の根岸Sを制したコパノキッキングが、次走のフェブ

記事を読む

ストームハートの残口が僅か80口となりました。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 今場所で残念ながら引退してしまった元横綱・稀勢の里関。現

記事を読む

ストームハート(Miss Fear Factor’ 16)は2月入厩予定!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 netkeibaによる私の取材の記事の後編がアップされま

記事を読む

PAGE TOP ↑