平成をそっと振り返ってみる(2)

公開日: : その他, 全般

平成2年(1990年)

当時のレースレコードで日本ダービーを逃げ切ったアイネスフウジン。

19万人を超える大観衆が鞍上を讃えた「ナカノコール」は、

競馬の新しい楽しみ方が誕生した瞬間だったのかもしれません。

 

そして暮れの有馬記念、

劇的激走を魅せたオグリキャップのラストランに

自然と目頭が熱くなったのを思い出します。

 

芦毛のスーパーホースにスタージョッキー武豊、

バブル景気も相まって、競馬人気は最高潮に達しました。

 

翌年1月、東京競馬場で行われた引退式に駆けつけ、

ウイナーズサークルの一番前でその雄姿を拝んできましたが、

オグリが登場した途端、背後から一気にファンが押し寄せ、

頼るべきはずの鉄製の柵が「ミシミシミシッ」と異様な音を立てた時には

さすがにゾッとしましたね。

 

競馬場でただならぬ恐怖を覚えたのは、

後にも先にもこの時だけだったように思います(笑)

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(24)

◆平成24年(2012年) 横浜居留地にいた居留外国人のレクリエーションを発端に、 現在

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(23)

◆平成23年(2011年) 今もなお大きな爪痕を残す東日本大震災の惨事により、 東日本地

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(22)

◆平成22年(2010年) “芦毛の怪物”こと、アイドルホースの オグリキャップが息を引

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(21)

◆平成21年(2009年) ダイワスカーレット、ヴィクトリー、 ディープスカイ、ピンクカ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(20)

◆平成20年(2008年) 4歳を迎えたウオッカが 安田記念と天皇賞・秋を制し年度代表馬

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(19)

◆平成19年(2007年) 先日、惜しまれつつこの世を旅立ったウオッカが、 64年ぶりと

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(18)

◆平成18年(2006年) 馬券に「がんばれ!」の文字がプリントされる “応援馬券”の発

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(17)

◆平成17年(2005年) シンボリルドルフ以来21年ぶり、 史上2頭目となる無敗での三

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(16)

◆平成16年(2004年) JRA創立50周年を記念して“ゴールデンジュビリーデー”と銘打ち、

記事を読む

PAGE TOP ↑