平成をそっと振り返ってみる(9)

公開日: : その他, 全般

◆平成9年(1997年)

前年に行われたレース体系改革が進み、

続いてダート路線の整備に着手したJRA。

フェブラリーステークスが昇格し、

中央のダート競走として初めてG1に格付けされました。

また、交流重賞の格付けも行われ、

いわゆる“ダートグレード競走”が確立、現在に至っています。

 

この年の年度代表馬は、

オークス馬ダイナカールの血を継ぐ女傑エアグルーヴ。

(エレナレジーナもこの牝系ですよね)

秋の天皇賞で牡馬を撃破したパフォーマンスが高く評価され、

牝馬としては、じつに26年ぶりの受賞となりました。

 

最後に「口取り」に関するお話をひとつ。

以前はウイナーズサークルでの口取り撮影の際も

レース時と同じくジョッキーが勝ち馬に跨っていたものですが、

この頃からジョッキーは跨らずに、馬主や調教師さんと並んで

記念撮影に臨むことが完全に主流になったように思います。

馬への負担を考えれば、至極当然の流れではあるものの、

絵的にはちょっと味気ないような・・・

そこで騎手や関係者がゼッケンを手に持って掲げるスタイルが

定番化していくのですよね。

そろそろ次に代わる良きアイディア、ないものでしょうか。

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

スマイリンフィット!いよいよ明日(7月17日・水曜日)入厩予定!!

スマイリンフィット! いよいよ 明日(7月17日・水曜日)入厩予定!!  

記事を読む

スマイリンフィット、来週入厩予定!

スマイリンフィット、来週入厩予定! ディープインパクトを母父に持つ本馬は、 そのディープイン

記事を読む

グレイスフルソング’18 早くも「残口わずか」へ

本朝10:00より、WEB、お電話にて募集を開始いたしました グレイスフルソング’18ですが、先ほ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(31)

◆平成31年(2019年) 競走体系上および生産の指標として、 オープン競走の一部の格付

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(30)

◆平成30年(2018年) JBC競走が初めてJRA京都競馬場で実施され、 一日に3鞍の

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(29)

◆平成29年(2017年) 春の大阪杯と暮れのホープフルSが G1競走に格上げとなったこ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(28)

◆平成28年(2016年) 藤田菜七子候補生の新規騎手免許試験合格により、 16年ぶりに

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(27)

◆平成27年(2015年) M.デムーロ、C.ルメール両騎手が 新規騎手免許試験に合格し

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(26)

◆平成26年(2014年) ジャパンCダートを「チャンピオンズC」に改め、中京競馬場で開催。

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

PAGE TOP ↑