平成をそっと振り返ってみる(17)

公開日: : その他, 全般

◆平成17年(2005年)

シンボリルドルフ以来21年ぶり、

史上2頭目となる無敗での三冠馬誕生に

ディープインパクト一色となったこの年。

 

牝馬ではシーザリオが、

レースレコードでアメリカンオークスを完勝。

日本馬初の米国G1制覇を成し遂げるとともに

“日米オークス馬”の輝かしい称号を獲得しました。

 

また、戦後初の天覧競馬となった

秋の天皇賞も語り継がれる一戦。

ヘヴンリーロマンスとウイニングランを終えた

松永幹夫騎手がヘルメットを脱ぎ、

天皇、皇后両陛下に深々と敬礼するシーンは

心に強く響くものがありましたよね。

 

そして、競馬界のレジェンドこと

岡部幸雄騎手が鞭を置いた年でもありました。

当時トレセン内で「ジョッキー」と言えば、騎手全般のことではなく、

「岡部幸雄騎手」だけを示す特別なワードでしたからね。

引退直前の数年間は思うような騎乗ができなかったようですが、

それでも懸命にリハビリに励み続ける妥協を許さない姿・・・。

休養期間中の病院へお見舞いに伺った際にその一端を垣間見る

ことができたわけですが、まさしくトップアスリートのそれでした。

 

岡部騎手の騎乗ぶりをリアルタイムで味わえたこと、

昭和生まれの特権です(笑)

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

no image

平成をそっと振り返ってみる(31)

◆平成31年(2019年) 競走体系上および生産の指標として、 オープン競走の一部の格付

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(30)

◆平成30年(2018年) JBC競走が初めてJRA京都競馬場で実施され、 一日に3鞍の

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(29)

◆平成29年(2017年) 春の大阪杯と暮れのホープフルSが G1競走に格上げとなったこ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(28)

◆平成28年(2016年) 藤田菜七子候補生の新規騎手免許試験合格により、 16年ぶりに

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(27)

◆平成27年(2015年) M.デムーロ、C.ルメール両騎手が 新規騎手免許試験に合格し

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(26)

◆平成26年(2014年) ジャパンCダートを「チャンピオンズC」に改め、中京競馬場で開催。

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(24)

◆平成24年(2012年) 横浜居留地にいた居留外国人のレクリエーションを発端に、 現在

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(23)

◆平成23年(2011年) 今もなお大きな爪痕を残す東日本大震災の惨事により、 東日本地

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(22)

◆平成22年(2010年) “芦毛の怪物”こと、アイドルホースの オグリキャップが息を引

記事を読む

PAGE TOP ↑