無限の可能性を秘めるキズナ産駒

昨年、JRA2歳種牡馬リーディング。1位は2016年から首位を守り続けるディープインパクト。
そしてサリオスを輩出したハーツクライが2位。錚々たる顔ぶれの中で第3位にランクインしたのが新種牡馬のキズナでした。

4月25日(土)あやめ賞(3歳1勝クラス)で勝利したグランスピードがそのキズナの産駒。
骨折による7ヵ月半の休養明け。28キロの馬体増がありながらも、機敏に反応し、抜け出すと危なげなく押し切って勝利。力の違いを見せつけるような勝ちっぷりでした。

2019年に産駒がデビューすると、 ビアンフェ が世代最初の重賞レースである函館2歳ステークス(G3)を制覇。父キズナに重賞初勝利をもたらしました。
その勢いは翌年も止まらず、今年1月に京成杯(G3)をクリスタルブラックが勝利。更にチューリップ賞(G2)をマルターズディオサが制し、フラワーC(G3)ではアブレイズが優勝。ファーストクロップから既に4頭の重賞ウィナーが出現し、距離もスプリントから中距離まで幅広いカテゴリーで活躍しています。

ディープインパクト、キングカメハメハが相次いでこの世を去り、その後継者として名前が挙がるのはキズナではないでしょうか。

 

クエストフォーラヴ(クエストフォーワンダー’18)
2歳 黒鹿毛 2018.04.07生 新冠産
:キズナ 母:クエストフォーワンダー (母の父:Makfi)
販売総額 2,100万円 / 総口数 2000口
一口価格 10,500円

東日本大震災が起こった、2011年に様々な人々の想いを背負いキズナ(絆)と名付けられたサラブレッドが日本ダービー(G1)を制しました。
鞍上は武豊騎手。大怪我を乗り越え、2005年のディープインパクト以来となるダービー制覇。人馬のドラマ、競馬のロマンに日本中が沸いた瞬間でもありました。

現在、新型ウィルス拡散防止のため緊急事態宣言が発令され、外出さえままならない日々が続いています。
こうした日々のなかではありますが、今度はキズナの産駒の活躍が、私たちに希望を与えてくれるのかもしれませんね。

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


ひろお君の最近の記事

no image

今週の出走(4月20日)

イエルバブエナ 24.04.20 13:25 京都7R 4歳以上1勝クラス(混) (ダ14

記事を読む

no image

新規・ステップアップ・継続特典についてのご説明!!

お知らせでもご案内させていただいておりますが、エンパイアブルー’22、(外)Ononimo'23が満

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~マジックブルー②~

●マジックブルー 2024.04.02 金沢7R 加賀獅子吼賞(ダ1500m)優勝!! ☆番手

記事を読む

no image

今週の出走(4月13日・14日)

ジーベック 24.04.13 10:55 阪神3R 3歳未勝利(ダ2000m) 坂井瑠星騎手

記事を読む

no image

兄に重賞2勝のクレッシェンドラヴ、ハイアーラヴ’22絶賛募集中

4⽉に⼊り、中央競⾺は本格的なG1シーズンに突⼊。満開の桜の下で開催された桜花賞を皮切りに、2024

記事を読む

no image

今週の出走(4月6日・7日)

ウィンダミア 24.04.06 14:35 中山9R 葛飾特別(混)(ダ1200m) 森泰斗騎手

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~マジックブルー~

●マジックブルー 2024.04.02 金沢7R 加賀獅子吼賞(ダ1500m)優勝!! ☆ドバ

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~チェルシー②~

●チェルシー 2024.03.23 中山1R 3歳未勝利(牝)(ダ1200m)優勝!! ☆おめ

記事を読む

no image

半兄マジックブルーが勝ち上がり、エンパイアブルー22【残157口】

勝ち上がりを目指し、昨日4月2日(火)金沢7R 加賀獅子吼賞に出走したマジックブルー。課題でもあった

記事を読む

no image

今週の出走(4月2日)

マジックブルー 24.04.02 15:50 金沢7R 加賀獅子吼賞(交流)(ダ1500m)坂井瑠

記事を読む

PAGE TOP ↑