大物種牡馬ブリックスアンドモルタル産駒、サンドクイーン’21残192口となりました!!

連日多くのお問い合わせを頂いており、8月24日(水)段階でキャッツアイ’22157口」、サンドクイーン’21192口」と口数に変動が出てきております。残口の表示は、「残口わずか」→「満口直前」→「実数値」でのご案内となり、実数値が点滅し始めますとあっという間に満口となる場合も多いので、ご検討中の方はお早めにご出資をお願いいたします。

その中でも、ここにきてぐっとお申込みが増えている一頭がサンドクイーン’21

父ブリックスアンドモルタルは、米国にて現役時は13戦11勝と華々しい成績を残した大物種牡馬。
芝中長距離の最高峰であるブリーダーズカップ・ターフ(GI)など、G1レースを5連勝すると、2019年米国年度代表馬にも輝いています。
2020年より日本で供用されると、2021年のセレクトセールではいきなりの一億を超える値付け。今年もアウェイク’22が当歳馬にして3億1千万円で落札されるなど、産駒のデビューを待たずに高い評価を得ているようです。
来年には、G1馬ソウルスターリング’21やレーヌミノル’21など多数の名牝の産駒たちがデビュー予定となっており、日本におけるブリックスアンドモルタルへの期待の高さが伝わってきます。

サンドクイーン’21も父譲りの馬っぷりの良さが印象的。
牧場サイドからも「肉付きが良くて、力強い踏み込みが好印象」とのコメントがあるように、動画からも歩様の力強さが伝わってきます。(是非、動画一覧も参考にしていただければと思います!!)
既に千歳市のチャンピオンズファームに移動しており、順調に調整を重ねることが出来ているのも出資の上では好材料ですよね。

満口もしくは入厩をもってご出資いただけなくなりますので、是非この機会にご検討ください♬

サンドクイーン’21残192口
1歳 栗毛 2021.02.03生 浦河産
父:ブリックスアンドモルタル 母:サンドクイーン (母の父:ゴールドアリュール)
栗東・松永幹夫厩舎予定


22.08.12
チャンピオンズファーム在厩。現在は、おもに騎乗調教に向けての背馴らしと夜間放牧により管理されています。
「初期馴致のスタートのタイミングで少し蹄を気にしましたので進行が遅れてしまいましたが、ほどなく解消したことですし、それからはスムーズ。現在おこなっている背馴らしの段階に至るまで、特に手こずることなく順調にきていますよ。普段も手がかからず、人に従順なタイプ。いつも元気いっぱいといった感じです」(藤井場長)

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


ひろお君の最近の記事

no image

今週の出走(6月19日)

バスラットレオン 24.06.19 17:45 浦和11R さきたま杯(Jpn1)(ダ1400m)

記事を読む

no image

半兄ハッピーマンが勝ち上がり、ベルミュール’23残口僅かです!

6⽉に⼊り、2歳新⾺戦が始まりました。新種牡⾺のナダルやサートゥルナーリアが早速勝利を上げたり、東京

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~メリタテス~

●メリタテス 2024.06.09 函館12R 1勝クラス(ダ1700m) 優勝!! ☆おめで

記事を読む

no image

今週の出走(6月15日・16日)

レモンシフォン 24.06.15 10:10 東京1R 3歳未勝利(牝)(ダ1400m)吉田豊騎手

記事を読む

no image

マジェスティックウォリアー産駒、ゴッドフロアー’23募集中!

先週⽔曜⽇は、⼤井競⾺場にて、今年から新たに始まったダート三冠の2戦⽬「東京ダービー(Jpn1)」が

記事を読む

no image

今週の出走(6月9日)

パリッドキャリア 24.06.09 10:35 京都2R 3歳未勝利(ダ1400m)吉村誠之助騎手

記事を読む

no image

スマートオランプ’22、残155口です

募集開始から⾮常に問い合わせの多い⼀頭で、移動を⾒据えるこのタイミングで徐々に⼝数が減ってきているの

記事を読む

no image

今週の出走(6月5日)

アンモシエラ 24.06.05 20:10 大井11R 東京ダービー(Jpn1)(ダ2

記事を読む

no image

今週の出走(6月2日)

アフタヌーンティー 24.06.02 10:05 東京1R 3歳未勝利(牝) (ダ1600m)小林

記事を読む

no image

半兄はクレッシェンドラヴ、ハイアーラヴ22残口僅かです

先週⽇曜⽇には、世代の頂点を決める「⽇本ダービー(G1)がおこなわれました。勝ったのは横⼭典弘騎⼿が

記事を読む

PAGE TOP ↑