カタログに掲載するための対談および写真撮影

公開日: : KEIBAコンシェルジュ棟広

こんにちは、むねひろ よしたかです。

『2016年産募集馬』のラインアップ発表がHP上では既に行われましたが、カタログに掲載するための対談および写真撮影を先日行ってきました。良いカタログになるように、今スタッフが大忙しで取り組んでおります。その内容もお楽しみにお待ち下さい!!

↑クリックすると資料請求ページが表示されます。2018年2歳馬募集カタログは10月14日(土)から順次発送予定。会員の方で郵送不要としていない方には送られます。非会員の方で資料請求がまだの方はカタログをご請求ください。

 

募集開始直前に組まれている『2016年産募集馬見学北海道ツアー』ですが、まだ間に合います。是非とも、実馬の観察に足をお運び下さい!

https://www.hirootc.jp/campaignview/view/10104/

 

香港競馬の日程の大きな変更が発表されました。

チャンピオンズマイル(芝千六)・チェアマンズスプリントプライズ(芝千二)・クイーンエリザベス2世C(芝二千)が同日に組まれることになりました。

12月に4つのG1が1日で行われますが、春にも3つのG1があるビッグデーが開催されることになりました。

賞金も今年からアップされ、日本からもチャレンジする馬が複数いるでしょうし馬券も発売されるでしょう。

その馬券が国内でも発売された、日曜日の凱旋門賞。サトノダイヤモンドは<14>着に敗れてしまいました。

【ムネヒロネット】の見解をご利用なさらなかった方の為に、ジャッジの一部を公開します。

情報が少ない海外競馬でも、これだけの情報をお届けすることが可能です。またの機会にどうぞご利用になって下さい。

<凱旋門賞>

(~馬場分析~)

馬券の最大の鍵を握るのが馬場状態。そう言っても過言ではありません。

今年も昨年と同様に、ロンシャン競馬場の改修工事によりシャンティイ競馬場で行われます。昨年は内ラチから10mの仮柵が取られ、かなり良好な馬場レベル。勝ち馬ファウンドの走破時計(2.23.6)がかなり早かったことからも、それは窺い知れます。

しかし、今年は仮柵の設置を行われていません。昨年よりは低い馬場レベルであることが想像出来ます。

あとは、雨の影響。サトノダイヤモンドが前哨戦のフォア賞(芝二四)でまさかの<4>着に敗れた際に、至るところで書かれていた道悪の影響。レースの5日前から降雨が続いており、かなり酷い道悪で行われました。(発表は「重」)。一度降ると一気に悪くなる特性があります。

近日は好天続きでしたが、9月29日(金曜日)17時段階で「稍重」発表。そして30日(土曜日)17時段階で「稍重」発表。この24時間に2mmの降雨がありました。土曜日の午後は晴れていて、風もありました。当日の午前中は雨があってもパラつく程度で、本降りになるのはレースが終わってからになると推測されています。

昨年「良」の高速馬場にこそなりませんが、フォワ賞よりは道悪の度合いは大分マシです。

【推奨穴馬】

12番オーダーオブセントジョージ

このメンバーに入れば、距離はあればあるほど良く、馬場は重ければ重いほど良いスタミナタイプに位置します。前走で愛セントレジャー(芝二八)を圧勝して連覇を飾った強い内容からもそれは明らかです。

ただ、昨年のこの凱旋門賞では高速決着の中でも<3>着に入線。これは大変価値のある好走で、相当な力があることはここからも分かります。

もっと長い距離を好み、この二四はギリギリとも言える距離なので、雨の影響が強くなればなるほどそれだけ更に浮上します。ただ、昨年よりも低い馬場レベルならば雨がなくても十分対応可能。今年も有力候補です。

5番クロスオブスターズ

同馬の最大の注目点は、3走前のアンクール賞(芝二千)でマークした1.58.77の好時計。

時計勝負の馬場レベルの方が得意であることがこのレースから分かるだけに、前走の極悪馬場のフォワ賞での<2>着は好発進とさえ言えます。

また、2走前のガネー賞(芝二一)では、今春のドバイターフで1番人気に支持されたザラックを降しての勝利。力も通用して良いでしょう。

そして、同馬を管理するファーブル調教師はこの凱旋門賞を史上最多7勝している名伯楽。

前走を叩いてのここへの仕上げの腕は間違いなくNO.1。

状態面の大きな上積みも期待出来ます。

雨の影響は小さい方がベターですが、前走のフォワ賞ほど酷い馬場レベルではありません。チャンスはあります。

【人気馬オプション】

17番エネイブル(○)

G1を4連勝中。<2>着馬に付けた着差は5・5・4・5馬身でその合計着差は19馬身にも及びます。ワンサイドゲームを続けています。

力も相当でありながら、斤量面で最大の恩恵を受ける3歳牝馬。

今年から3歳馬は0.5キロ重くなりますが、有利であることには違いありません。

実績から考えると人気するのは理解出来ます。

ただ、走破時計を見ると2.34.1・2.32.1・2.36.2・2.35.7とかなり要しています。

前走のヨークシャーオークス(芝二三七)にしても発表の「稍重」以上に、雨の影響の大きな道悪でした。

マスコミは晴雨兼用と報じているところが多いですが、間違いなく雨の方が良い馬です。

昨年の凱旋門賞は2.23.6で決着。今年はたとえ雨がなくても、昨年よりも重い芝になります。

その点は歓迎材料ですが、人気の中心となる馬だけに時計面の不安は挙げておかなければいけません。

それだけに、昨年のような高速馬場でないことは歓迎出来ます。

4番ユリシーズ(△)

今年になって本格化した馬。

3走前のエクリプス賞(芝二千)で初G1勝利を飾ると、2走前のキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(芝二四)では、持ったままの手応えでエネイブルの直後まで迫る見せ場。

そこから0.8秒突き放されましたが、不得意にしている道悪。

発表は「稍重」でしたが、それ以上に悪い状態でのものでした。

当時6キロあった斤量差が今回は4.5キロ差になりますし、また当時よりも馬場レベルはこちらに好転しています。

また、前走の英インターナショナル(芝二〇五)ではG1を3勝しているムーア騎乗のチャーチルを抜群の末脚を見せて降しており、勢いも通用する怖さがあります。

9番サトノダイヤモンド

前走のフォワ賞はまさかの<4>着に終わりましたが、その敗因は極悪馬場。

日本では整地された重い芝をこなしても、ヨーロッパでの酷い道悪となればそれは2013年の函館芝レベルの重い芝。

ゴルフで言えば、フェアウェイと深いラフぐらいの差があると言っても過言ではないでしょう。

本番では雨の影響のない「良」が条件となります。『確実に良くなっている。トモが動いている分、首も動く。全身が使えている。常歩から違う。』と池江寿調教師。

前走のフォア賞当時は『仕上がりは70、80%。』とコメントしており、状態面の上昇が計算出来ます。

ただ、『欲を言えばもっと良くなって欲しい。』とピークではないことも示唆。

前走で負けたとはいえ、現地の芝を一度経験したことは大きいですし、前走以上には走ってくるでしょう。

2013・2014年とこのレースを連覇したトレヴは、2014年の前哨戦であるヴェルメイユ賞で<4>着に敗れ、終わったと判断されていました。

昨年のような高速馬場になって欲しいというのが本音ですが、前走のフォワ賞よりはましな状態です。

あとは、日本でのみ売られる過剰人気のオッズとの釣り合いに納得出来るかです。

 

5月のトレーニングセール・7月のセレクションセール・8月のサマーセール・10月のオータムセール。

北海道4市場全てにおいて、売却率・総売上額ともにレコードを樹立!

今、セールが大変な盛況を迎えています。

これは馬産地にとって非常に喜ばしいところですが、レースの賞金が上がるわけではないので回収する馬主にとっては大変な話です。

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


棟広 良隆の最近の記事

『理論的な厩舎経営を念頭に置いた戦略家』

こんにちは、むねひろ よしたかです。 日本も年末まで毎週G1が組まれる熱い時季ですが、今週末12月

記事を読む

今後に大きな希望

こんにちは、むねひろ よしたかです。 今週29日(木曜日)に名古屋競馬で、ビジューブランシュが

記事を読む

田村康仁調教師の12月6日(水)インタビューは私が担当します。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 サンデーローザ ’16(父ロードカナロア)で、広尾サラブレッ

記事を読む

今週は出馬ラッシュ!!大挙6頭が出走

こんにちは、むねひろ よしたかです。 米山代表のブログにもありますが、現在名古屋競馬の角田輝也厩舎

記事を読む

これは力以外の何物でもありません

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先々週になりますが、ディメンシオンが勝利。瞬発力に秀でた

記事を読む

no image

2018年2歳募集馬の出資受付開始

こんにちは、むねひろ よしたかです。 2018年2歳募集馬の出資受付が本日11月2日(木曜日)20

記事を読む

とんでもない極悪馬場

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週は秋雨前線と台風21号の影響により、雨の影響を激しく

記事を読む

何とか強い外国馬が来日してもらいたい

こんにちは、むねひろ よしたかです。 スイートマカロン’15(父ディープブリランテ・馬名パワー

記事を読む

今一番頼りになり好きな騎手

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週は『管理予定調教師予想コンテスト』で2016年産募集

記事を読む

no image

収穫大の一戦

こんにちは、むねひろ よしたかです。 セントライト記念に果敢に挑戦したクレッシェンドラヴでしたが&

記事を読む

PAGE TOP ↑