北海道の馬見&Miss Fear Factor’16のスゴイ馬体

公開日: : 募集

今週はセレクトセールが開催され、今年も大いに盛り上がりました。

1歳セリの売上が増加した一方で、当歳セリの価格が落ち着くなど変化はありましたが、過去最高の売上を更新しました。来週のセレクションも物凄い頭数の登録があり、需要と供給がどのようにバランスが取られるのか楽しみです。

余談ですが、我々一口クラブの出資者の立場としては例えば牧場系クラブであればセリ市場が高騰してしまいますと牧場側がそちらに馬を出す傾向が強くなり、クラブ側に回さない傾向が強くなったりしますので落ち着いた方がいい馬に出資しやすくなります。バイヤー系クラブとしては高値掴みに注意しなくてはなりませんね。

JRAの財務諸表付属明細書によると競馬賞金は平成29年度が894億で平成28年度が848億で5.4%増なので、セリ市場がこの程度の伸びになっていれば落ち着いてきたとみていいかと思います。(今年のセレクトセール(1歳)の伸びは12%増。凄い数字です)

 

今週は北海道に馬見に行って7月28日から募集開始をする2017年産・2018年産募集馬と日本に来日したMiss Fear Factor’16スパーブアゲインナグラーダなど2016年産の北海道在厩馬、そして休養馬を見て参りました。

1日目は米山や広報アドバイザーとして参加いただいている棟広さんら全牧場を回り、2日目以降は私が撮影を行うことを目的として回ってまいりました。

放牧地での様子など撮影して参りましたのでアップを楽しみにお待ちください。

 

さて、今回の馬見で楽しみであったのはMiss Fear Factor’16です。

5月末に来日し、輸入検疫を経て、現在は坂東牧場にて3カ月の着地検疫に入っております。
7月9日の更新において測尺などが出て、前回の更新時(450kg 1月時点)よりも馬体重は62kg増の512kgとなっており、
体高も162cm。胸囲に関しては189cmとかなりの幅があることがアップされておりましたので、その馬体の成長度合いが楽しみなものでありました。

そして、撮影してきた写真が下記です。(7月11日撮影)

5月に輸出検疫中に撮影された写真

2016 x Miss Fear Factor f.

3月30日撮影

1月30日(450kg時)

 

5月段階の写真でもその全体的な成長は目を見張るものがありましたが、今回の写真を見て頂ければその差は歴然。
胸前には深さが出て、トモ幅も出て、しっかりした腹袋があり、スプリンターを想起させる重心の低さ。順調に成長していることが分かります。

1月30日の写真から比べますとさらにその成長がよく分かります。

 

骨格がしっかりしているため、成長に伴って良質な筋肉がつき、今のような馬体になるようです。

 

環境にも慣れウォーキングマシンに入ったようですので、乗り出し始めてからが楽しみです。

18.07.13
坂東牧場在厩。日に40分間のウォーキングマシン運動を開始しています。
「もうこちらの環境にすっかり慣れたことですし、輸送の疲れも取れてくる頃ですので、少しずつ体を動かしながら。恵まれた骨格、逞しい肉付きは、いかにもスピードがありそうな体型に映りますよね。馬房の出入り時やウォーキングマシンへの行き来などの時も変に立ち上がったり、煩くしたりする様子はありません」(荒木マネージャー)

 

ちなみに下記は今回撮影した前写真と後ろ写真です。

比較対象とするには少々昔になりますが、昨年の10月時点前と後ろ。

4肢も曲りなどなく綺麗な肢勢です。

 

素敵な馬に成長してくれたMiss Fear Factor’16ですが、馬体を見ていて何かに似ていると一緒に馬を見た牧場関係者や社内スタッフとも話していたのですが、下記の馬に似ていませんか?

こちらは名スプリンターのサクラバクシンオー
血統的にはNothern Dancerくらいしか共通点はありませんが、骨格や良質な筋肉などはバクシンオーを想起させるものがあります。

下記は父のUncaptured。こうして見るとバクシンオーの方が近く見えますね。

エイシンブルズアイで日本適性が出ている繁殖でもありますので、こうした馬体に出ていることは心強い限りです。

1歳馬の募集が間近に迫ってはおりますが、即戦力である2歳馬にご出資いただけるのも当クラブの魅力でもあります。
残口も少なくなっておりますので、お詫びポイントなどお使いいただきながら本馬の可能性をご検討いただいても面白いのではないかと思います。

残口僅か(外)Miss Fear Factor’ 16
栗東・野中賢二厩舎予定
牝2歳 鹿毛 2016.02.04生 米国産
父:Uncaptured 母:Miss Fear Factor (母の父:Siphon)
販売総額 2,500万円 / 総口数 2000口
一口価格 12,500円(別途輸入諸経費4,375円)
スピード遺伝子型:C:C型(短距離型)

 

 

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


ひろお君の最近の記事

no image

今週の出走(6月19日)

バスラットレオン 24.06.19 17:45 浦和11R さきたま杯(Jpn1)(ダ1400m)

記事を読む

no image

半兄ハッピーマンが勝ち上がり、ベルミュール’23残口僅かです!

6⽉に⼊り、2歳新⾺戦が始まりました。新種牡⾺のナダルやサートゥルナーリアが早速勝利を上げたり、東京

記事を読む

no image

愛馬の活躍に寄せて ~メリタテス~

●メリタテス 2024.06.09 函館12R 1勝クラス(ダ1700m) 優勝!! ☆おめで

記事を読む

no image

今週の出走(6月15日・16日)

レモンシフォン 24.06.15 10:10 東京1R 3歳未勝利(牝)(ダ1400m)吉田豊騎手

記事を読む

no image

マジェスティックウォリアー産駒、ゴッドフロアー’23募集中!

先週⽔曜⽇は、⼤井競⾺場にて、今年から新たに始まったダート三冠の2戦⽬「東京ダービー(Jpn1)」が

記事を読む

no image

今週の出走(6月9日)

パリッドキャリア 24.06.09 10:35 京都2R 3歳未勝利(ダ1400m)吉村誠之助騎手

記事を読む

no image

スマートオランプ’22、残155口です

募集開始から⾮常に問い合わせの多い⼀頭で、移動を⾒据えるこのタイミングで徐々に⼝数が減ってきているの

記事を読む

no image

今週の出走(6月5日)

アンモシエラ 24.06.05 20:10 大井11R 東京ダービー(Jpn1)(ダ2

記事を読む

no image

今週の出走(6月2日)

アフタヌーンティー 24.06.02 10:05 東京1R 3歳未勝利(牝) (ダ1600m)小林

記事を読む

no image

半兄はクレッシェンドラヴ、ハイアーラヴ22残口僅かです

先週⽇曜⽇には、世代の頂点を決める「⽇本ダービー(G1)がおこなわれました。勝ったのは横⼭典弘騎⼿が

記事を読む

PAGE TOP ↑