栗東へ新年のご挨拶

米山です。
まずは、謹んでスパーブアゲインのご冥福をお祈り申し上げます。

本朝、栗東の厩舎への新年ご挨拶をして参りました。

故スパーブアゲインを預かっていただいていた矢作厩舎。
今週に弔い競馬として、同厩舎のハナズレジェンドが出走します。スパーブの想いを背に、良い走りを魅せてくれるものと信じています。

設立当初からのお付き合いをいただいている小崎厩舎、再ファンド組のシーザライトとフッフールを宜しくお願いして参りました。
フッフールの再ファンド受付は今月14日までとなります。ご検討下さいませ。

また、明けて2歳のスイートマカロン’17、吉澤ステーブルでの評価も良く、半兄のグランソヴァールの切り開いた道を進むことと、小崎調教師も強く期待しております。抜群の配合を持つ本馬には、ぜひともクラシックを目指してもらいたい気持ちで一杯です。
ぜひ、チーム·マカロン産駒にご参加下さいませ。

スイートマカロン’17

2018年のリーディングトレーナー藤原厩舎にもご挨拶をして参りました。おめでとうございます。
本年はディメンシオンの重賞制覇を夢見て、そしてエンパイアブルーの本領発揮も、名伯楽の腕に期待を寄せています。
そして会員の皆様の笑みへと繋げたいです。

そして野中厩舎。期待馬ストームハートのお願いをして参りました。
野中調教師へのインタビューは、復活しました Racing Salon にてアップさせていただきます。
「色々とあった馬ですが、自ら馬体を維持し、見た目は既に走ってきそうな雰囲気を醸し出しています。なんとか結果に繋げたい思いで一杯です」と熱い想いを語っていただきました。

ストームハート

現役馬のレポートとなりますが、本年掲げた目標に全身全霊で向かっていく所存です。
どうぞ、変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。

(*美浦トレセンへのご挨拶は3日に行って参りました)

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

no image

平成をそっと振り返ってみる(31)

◆平成31年(2019年) 競走体系上および生産の指標として、 オープン競走の一部の格付

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(30)

◆平成30年(2018年) JBC競走が初めてJRA京都競馬場で実施され、 一日に3鞍の

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(29)

◆平成29年(2017年) 春の大阪杯と暮れのホープフルSが G1競走に格上げとなったこ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(28)

◆平成28年(2016年) 藤田菜七子候補生の新規騎手免許試験合格により、 16年ぶりに

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(27)

◆平成27年(2015年) M.デムーロ、C.ルメール両騎手が 新規騎手免許試験に合格し

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(26)

◆平成26年(2014年) ジャパンCダートを「チャンピオンズC」に改め、中京競馬場で開催。

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(24)

◆平成24年(2012年) 横浜居留地にいた居留外国人のレクリエーションを発端に、 現在

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(23)

◆平成23年(2011年) 今もなお大きな爪痕を残す東日本大震災の惨事により、 東日本地

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(22)

◆平成22年(2010年) “芦毛の怪物”こと、アイドルホースの オグリキャップが息を引

記事を読む

PAGE TOP ↑