訃報(スパーブアゲイン)

公開日: : お知らせ

今朝午前3時に、宇治田原優駿ステーブルにて強い疝痛を起こし、
緊急で栗東トレセンのクリニックに搬送され、開腹手術を施しましたが、
願い叶わず斃死しました。
矢作調教師も最善の対処をしてくれましたが、
残念な知らせをしなければならなくなり、
私共としても心痛の思いで連絡を受けました。

まずは、スパーブアゲインの冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

重賞勝馬ステラリード、準オープン馬ゴッドフロアーの半弟して
2016年2月15日に生を享けました。

2018年2歳時に2走しましたが、まだ雄大な馬体を思うように使い切れず、
8着を2回の成績でしたが、騎乗した騎手は、
”かならず走ってくるよ”と期待を寄せてくれていました。
矢作厩舎の皆様の評価も高く、能力の片鱗を見せていたものと思ってもいました。

栗色の馬体に黄金に輝くタテガミ、そして凛とした顔つきは、
今でも脳裏に焼き付いています。

戦友の一人を失くした思いをここに、本年一年通じて、
スパーブアゲインと一緒に勝負をいたします。
涙にむせぶ気持ちをおさえ、明日の広尾っ仔初陣に
スパーブアゲインの想いと一緒に出向きます。

今日まで、スパーブアゲインに声援をいただきましたこと、深謝申し上げます。
そして、輝きをもう一度、スパーブアゲインの想いを受け継ぎます。

どうか皆様、スパーブアゲインを忘れずにいてあげて下さい。

献杯

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

no image

平成をそっと振り返ってみる(31)

◆平成31年(2019年) 競走体系上および生産の指標として、 オープン競走の一部の格付

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(30)

◆平成30年(2018年) JBC競走が初めてJRA京都競馬場で実施され、 一日に3鞍の

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(29)

◆平成29年(2017年) 春の大阪杯と暮れのホープフルSが G1競走に格上げとなったこ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(28)

◆平成28年(2016年) 藤田菜七子候補生の新規騎手免許試験合格により、 16年ぶりに

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(27)

◆平成27年(2015年) M.デムーロ、C.ルメール両騎手が 新規騎手免許試験に合格し

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(26)

◆平成26年(2014年) ジャパンCダートを「チャンピオンズC」に改め、中京競馬場で開催。

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(24)

◆平成24年(2012年) 横浜居留地にいた居留外国人のレクリエーションを発端に、 現在

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(23)

◆平成23年(2011年) 今もなお大きな爪痕を残す東日本大震災の惨事により、 東日本地

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(22)

◆平成22年(2010年) “芦毛の怪物”こと、アイドルホースの オグリキャップが息を引

記事を読む

PAGE TOP ↑