クレッシェンドラヴ、アドバンスマルスなどの今週末の出走馬について

クレッシェンドラヴは前走で1600万下を卒業し、いよいよ今週、オープンに
挑戦することになりました。

2歳の頃から馬っぷりが良く、期待度も大きかったということもあって、
最初から期待に沿えるパフォーマンスとまではいかなかったのですが、
3歳の2月に勝ち上がってからは、比較的安定した成績を収めてくれています。

クレッシェンドは音楽用語で「だんだん強く」という意味なのですが、
その名の通り、この馬なりに少しずつ大人になってきて、
オープンにまで入れるようになってくれましたからね。
本当に良かったなという気持ちで一杯です。

というのも、これは以前からそういった部分がある馬なのですが、物見を
してみたり、サイアーラインの血が出ているのか、急に跳ねたり、チャカチャカ
することもあるため、牧場や林厩舎のスタッフの方々も気を付けてはいても、
管理が簡単ではなかったりするようなんですよね。

トレセンでは調教時間を遅くして、馬の少ない時間帯に調教するなど、
工夫して調整することもできるようなのですが、そんな部分もある馬だけに、
無事オープンまで辿り着けて、本当に良かったなと思います。

内田博騎手が調教に跨ったりと、色々と林調教師に協力しながら調整をしている
姿を見ていると、より一層頑張ってもらいたい気持ちにもなりますし、
輸送を無事クリアして、実戦でも頑張ってもらいたいものですよね。

たまに、転厩前にこの馬に関わった方々とも話をする機会もあるのですが、
やっぱり、皆さん、この馬のことは気にかけてくれているようなんですよね。
少し複雑な気分にもなるのですが、みんなの期待も背負ったクレッシェンドラヴ。
偶然、誕生日の出走となる訳ですが、ここでいい走りを見せて、先々に繋がる
レースを見せてほしいものですね。

クレッシェンドラヴ

ちなみに、ちょうど今週偶然に同じ週に福島で出走するアドバンスマルスも
以前クレッシェンドラヴと同厩だった馬ということもあって、こちらも、
「今どうしているの?」と以前関わった方々に気にかけられていたりもします。

転厩前は落ち着き払っている感じもありましたので、当時、クレッシェンドラヴ
とは対照的な感じもありましたが、今回初めて福島に出走することとなります。
栗東の映像で見る限りでは、少しずつ印象が変わってきたのかなという気もしますが、
そんな姿やレース振りにも注目してみたいところですよね。

アドバンスマルス

今週は、その他もシーザライトの再ファンド後の初戦とストームハートの
デビュー戦と注目のレースが盛り沢山でもありますし、ぜひみなさま、
こちらにも声援をいただければと思います。

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

伊藤正徳調教師から深山雅史新調教師へ

伊藤正徳調教師が引退されまして、深山雅史新調教師が厩舎を引き継ぐ形で今月開業した訳ですが、早いもので

記事を読む

エレナレジーナ+アイシールド

今週桜花賞トライアル、アネモネSに挑戦するエレナレジーナ。 一生懸命頑張って走るタイプというこ

記事を読む

誘導馬レンディル

少し前の話にはなりますが、引退して東京競馬場で誘導馬になったレンディルに 会うことができました。当

記事を読む

い・な・な・き

前走の福島では、ビジューブランシュが4着と好走し、良く頑張ってくれました。 転厩前から体重が思

記事を読む

7/18 トレセンレポート

連日暑い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 トレセンも暑さが厳しい日が続いてい

記事を読む

い・な・な・き

関東地方では梅雨が明けたということもあって、本格的な夏が到来し、連日暑い日々 が続いていましたが、

記事を読む

6/27 トレセンレポート

先週末はグランソヴァールが福島のダート戦でデビューを予定していた のですが、除外されてしまいました

記事を読む

グランソヴァール

デビューに向けてトレセンで調教を積んでいるグランソヴァール。 5月5日の入厩から現在まで尾関厩

記事を読む

6/20 トレセンレポート

新馬戦も始まりましたし、2歳馬への注目が高まってきているのではないかとは思いますが、 現在、当クラ

記事を読む

ブライトメモリー&ディアローグ

6/9-6/10に出走したブライトメモリーとディアローグの2頭。 奇しくも芝2400mという同じ距

記事を読む

PAGE TOP ↑