平成をそっと振り返ってみる(25)

公開日: : その他, 全般

◆平成25年(2013年)

地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、

“アンカツさん”の愛称で親しまれる安藤勝己騎手が

引退を表明したこの年。

 

春には“女帝”ことエアグルーヴが、

夏には“帝王”ことトウカイテイオーが生涯を閉じるという、

なんとも淋しいニュースが続きました。

 

また、障害競走では2名の落馬負傷によって乗り役が不足し、

翌日の騎乗予定馬がやむなく出走取消になる珍しい事態に。

近年の障害競走は二場で曜日を分けて番組が編成されており、

同一競馬場で一日2鞍行われることもありますよね。

これは障害ジョッキーの確保に配慮しての対応策でもあるのです。

 

ハードル界は、主戦を務めるジョッキーが

トレセン内で丹念に時間をかけて馬を作り上げていく

昔ながらの空気を残している場所。

オジュウチョウサンで脚光を浴びている今のうちに

もう一度その良さを伝え、隆盛へと導いていけないものでしょうか。

 

「古き良き・・・」がオジサンの悪い口癖であることは承知の上で

またまたつぶやいてしまいました。

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

no image

平成をそっと振り返ってみる(31)

◆平成31年(2019年) 競走体系上および生産の指標として、 オープン競走の一部の格付

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(30)

◆平成30年(2018年) JBC競走が初めてJRA京都競馬場で実施され、 一日に3鞍の

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(29)

◆平成29年(2017年) 春の大阪杯と暮れのホープフルSが G1競走に格上げとなったこ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(28)

◆平成28年(2016年) 藤田菜七子候補生の新規騎手免許試験合格により、 16年ぶりに

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(27)

◆平成27年(2015年) M.デムーロ、C.ルメール両騎手が 新規騎手免許試験に合格し

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(26)

◆平成26年(2014年) ジャパンCダートを「チャンピオンズC」に改め、中京競馬場で開催。

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(24)

◆平成24年(2012年) 横浜居留地にいた居留外国人のレクリエーションを発端に、 現在

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(23)

◆平成23年(2011年) 今もなお大きな爪痕を残す東日本大震災の惨事により、 東日本地

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(22)

◆平成22年(2010年) “芦毛の怪物”こと、アイドルホースの オグリキャップが息を引

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(21)

◆平成21年(2009年) ダイワスカーレット、ヴィクトリー、 ディープスカイ、ピンクカ

記事を読む

PAGE TOP ↑