平成をそっと振り返ってみる(24)

公開日: : その他, 全般

◆平成24年(2012年)

横浜居留地にいた居留外国人のレクリエーションを発端に、

現在の原型となる環形馬場にて正式に番組を決めて競馬が

実施されたのが、文久2年(1862年)のこと。

それから150年の区切りを迎えたこの年には、

「近代競馬150周年」イベントが各地で展開されましたよね。

 

春には復興への第一歩を踏み出すべく、

およそ1年半ぶりに福島競馬が再開。

ルーラーシップが香港・クイーンエリザベス二世Cを制し、

6度目の挑戦でついにG1馬の仲間入りを果たしたのも

同じく4月でした。

 

また秋には、ゴール寸前で惜しくも世界の頂を取り逃した

オルフェーヴルの凱旋門賞に思いを残し、その翌週には

史上4頭目となるジェンティルドンナの牝馬三冠に感服。

 

そして、難攻不落とされた香港スプリントを快勝してみせた

ロードカナロアの強さといったら、もう衝撃ものでした。

今やディープインパクトの牙城を揺るがす名サイアーとなった彼。

その産駒カナロアガールやパンサラッサ(ミスペンバリー’17)の

動向にも是非ご注目いただきたいところです。

 

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


広尾TC代表 米山尚輝の最近の記事

no image

平成をそっと振り返ってみる(31)

◆平成31年(2019年) 競走体系上および生産の指標として、 オープン競走の一部の格付

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(30)

◆平成30年(2018年) JBC競走が初めてJRA京都競馬場で実施され、 一日に3鞍の

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(29)

◆平成29年(2017年) 春の大阪杯と暮れのホープフルSが G1競走に格上げとなったこ

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(28)

◆平成28年(2016年) 藤田菜七子候補生の新規騎手免許試験合格により、 16年ぶりに

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(27)

◆平成27年(2015年) M.デムーロ、C.ルメール両騎手が 新規騎手免許試験に合格し

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(26)

◆平成26年(2014年) ジャパンCダートを「チャンピオンズC」に改め、中京競馬場で開催。

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(25)

◆平成25年(2013年) 地方から中央競馬への道筋をつけたパイオニアでもあり、 “アン

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(23)

◆平成23年(2011年) 今もなお大きな爪痕を残す東日本大震災の惨事により、 東日本地

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(22)

◆平成22年(2010年) “芦毛の怪物”こと、アイドルホースの オグリキャップが息を引

記事を読む

no image

平成をそっと振り返ってみる(21)

◆平成21年(2009年) ダイワスカーレット、ヴィクトリー、 ディープスカイ、ピンクカ

記事を読む

PAGE TOP ↑