アメリカで行われたケンタッキーダービーは大波乱の結果に。

こんにちは、むねひろ よしたかです。
先日アメリカで行われたケンタッキーダービー<G1>(ダ二千)は大波乱の結果に。その最大の要因は、1番人気で<1>着入線したマキシマムセキュリティが降着処分になってしまったことが挙げられます。

主要開催国の降着制度には「カテゴリー1」と「カテゴリー2」の2つがあります。

「カテゴリー1」……『その走行妨害がなければ、被害馬が加害馬に先着していた。』と裁決委員が判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着。
「カテゴリー2」……『その走行妨害が、被害馬の競走能力の発揮に重大な影響を与えた。』と裁決委員が判断した場合、加害馬は被害馬の後ろに降着。

アメリカは「カテゴリー2」。日本も以前は「カテゴリー2」でしたが、2013年から「カテゴリー1」に変更されました。基準が全く違います。ケンタッキーダービーがもし「カテゴリー2」の国で行われていたならば、降着になっていなかったと思われます。

ただ、先頭を走っている馬が勝負所であの進路取りをしてしまっては、後続に重大な影響を与えたことを否定することは出来ません。どちらの基準が正しいとか優れているとかいう論議ではなく、競馬に重大な影響を与えた馬には降着させる「カテゴリー2」の方が個人的にはしっくりきます。

日本から挑戦したマスターフェンサーは、前半こそ離れた最後方を追走していましたが、直線に入ると馬群を縫うように伸びて<3>着争いに加わらんかという素晴らしい末脚を見せてくれました。「上がり2ハロンはレース史上2番目の早さ。」という報告も聞こえてきており、健闘の<6>着と言えます。6月8日(土曜日)のベルモントS<G1>(ダ二四)を目標にされるということです。

アメリカの三冠レースは、5週間で3つが行われるというとんでもなくハードなローテーションで行われます。今年の日程で言えば、ケンタッキーダービー(5月4日)→プリークネスS(5月18日)→ベルモントS(6月8日)となります。
プリークネスSをスキップして、余裕のあるローテーションでベルモントSを挑むのは理想的ですし、何よりレース振りからは距離が二四に延びることに大きな魅力を感じます。ケンタッキーダービーは「不良」でしたが、「良」の馬場レベルを味方にすることが出来て道悪時以上のパフォーマンスを発揮することが叶えば、更に面白いシーンがあってもいいでしょう。非常に楽しみです。

オーナーの吉澤克己氏は、広尾サラブレッド倶楽部の馬もよくお世話になっている「吉澤ステーブル」も経営されています。氏が有するアメリカンウィナー・アメリカンダイナー・アメリカンファクト等の馬名からも分かるように、アメリカの競馬に対する敬意が伝わってきますね。

先週の土曜日東京では、雹(ひょう)を伴ったいきなりの豪雨。10R以降の競馬が中止になってしまうという前代未聞の事態が起きました。ダービートライアルのプリンシパルSは今週の日曜日にスライドして行われることになりました。

デプロマトウショウ’18が残275口・レフィナーダ’17(アレアシオン)が残96口になっています。ご注意下さい。

デプロマトウショウ’18

レフィナーダ’17(アレアシオン)

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


棟広 良隆の最近の記事

ドゥオーモが勝利!!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 明日7月20日(土曜日)午前10時から、2018年産駒を

記事を読む

今年のセレクトセール

こんにちは、むねひろ よしたかです。 10月12・13日(土曜日・日曜日)の2日間で、日高・浦河地

記事を読む

パーフェクトラヴ、残口僅かです。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 パーフェクトラヴ(ハイアーラヴ’17)が、兄クレッシェン

記事を読む

グレイスフルソング18、お急ぎ下さい。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 申込受付が開始されたグレイスフルソング ’18(父ディー

記事を読む

先週の競馬は大量除外に。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 スマイリンフィット(スマイリンアスク’17)が美浦トレー

記事を読む

カナロアガール初勝利!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週はカナロアガールが見事に勝利。惜敗が続いていましたが

記事を読む

クラスの名称がわかりやすくなりました。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週から2歳新馬戦がスタートしました。それと同時に3歳馬が古

記事を読む

ダービーからダービーへ

こんにちは、むねひろ よしたかです。先週日本ダービーが行われましたが、今週は早く も来年のダービー

記事を読む

令和に替わって、初めてのイベント開催!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 今週は何と言っても、日本ダービーです!! 断然人気が予

記事を読む

平成を振り返って心を動かされたレース、ベスト10!!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 平成最後のグリーンチャンネル『KEIBAコンシェルジュ』

記事を読む

PAGE TOP ↑