12/20 トレセンレポート

今年は秋が短かったのか、早々に冬に入ったような気もしますが、

12月に入ってからは、本格的な冬が到来したようで、

寒さが厳しい日々が続いています。

毎年、クリスマス前後になると寒さが厳しくなることが多いのですが、

トレセンでも早朝は気温がマイナスの世界に入ってきました。

 

ただ、日中は10度前後まで上がることも多く、

そこまで上がってくると暖かいとまでは言わないものの、

少し体がふっと楽になる感じもありますね。

 

訪れた日のこの時間帯は雲が多かったため、少し日が陰りがちではありましたが、

時間の経過と共に雲が移動して、青空が広がっていた感じでしょうか↓

空

 

空模様はそんな感じでしたが、

今週はディグアップセンス、エンジェルリードが出走を予定している

ということもあって、取材はその2頭が中心となりました。

 

ディグアップセンスは障害馬ということもあって、

障害のある北馬場で調教することが多いのですが、

トビ自体は比較的コンパクトに飛越するタイプのようで、

低めにいいテンポでポンポンと飛越していきます。

 

平地馬から障害に転向して、障害馬としての経験を積む必要もありますし、

障害は長い距離を走ることにもなりますので、調教でも長めの距離をじっくり乗って、

スタミナを強化する調教を積んできているようです。

障害馬の一流馬も完成するまでに時間を要することが多いため、

障害2戦目とはいっても、まだ経験を積んで慣れていく必要もあるようですが、

抽選を通り抜けて、年内にもう一戦することができました。

今後に繋がる競馬になってくれればと思います。

ディグアップセンス
ディグアップセンス

 

エンジェルリードの方は引き続き、コンディションをキープできているようで、

引き続き、頑張ってくれているようです。

牝馬らしい雰囲気がステキな一頭なのですが、

時折、煩くなることもあるようでして…。

普段は大人しいようですが、生き物ですし、

時折、彼女も色々思うところはあるのかもしれませんね。

 

先日、同じく尾関厩舎の先輩ゼロカラノキセキが急遽引退してしまいましたので、

一緒に併せ馬をすることもできなくなってしまいましたが、

ゼロカラノキセキのパワーも貰って、何とか頑張ってもらえればと思います。

エンジェルリード
エンジェルリード

 

ちなみに、同じく尾関厩舎管理予定のスイートマカロン’16(父ダンカーク)は

ゼロカラノキセキの半弟。ゼロカラノキセキでご入会いただいた会員様も

多いようで、残念な気持ちに溢れたコメントを多く頂戴しています。

同じ厩舎で半弟が募集されていますので、ぜひこちらにも

目を向けていただき、ぜひ夢の続きを見ていただければと思います。

スイートマカロン’16 ※本日、最新の近況が更新されました。
1歳 芦毛 2016.03.25生 新ひだか産 尾関知人厩舎予定
父:ダンカーク 母:スイートマカロン (母の父:Tale of the Cat)

 

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

クレッシェンドラヴ、アドバンスマルスなどの今週末の出走馬について

クレッシェンドラヴは前走で1600万下を卒業し、いよいよ今週、オープンに 挑戦することになりました

記事を読む

伊藤正徳調教師から深山雅史新調教師へ

伊藤正徳調教師が引退されまして、深山雅史新調教師が厩舎を引き継ぐ形で今月開業した訳ですが、早いもので

記事を読む

エレナレジーナ+アイシールド

今週桜花賞トライアル、アネモネSに挑戦するエレナレジーナ。 一生懸命頑張って走るタイプというこ

記事を読む

誘導馬レンディル

少し前の話にはなりますが、引退して東京競馬場で誘導馬になったレンディルに 会うことができました。当

記事を読む

い・な・な・き

前走の福島では、ビジューブランシュが4着と好走し、良く頑張ってくれました。 転厩前から体重が思

記事を読む

7/18 トレセンレポート

連日暑い日が続いていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 トレセンも暑さが厳しい日が続いてい

記事を読む

い・な・な・き

関東地方では梅雨が明けたということもあって、本格的な夏が到来し、連日暑い日々 が続いていましたが、

記事を読む

6/27 トレセンレポート

先週末はグランソヴァールが福島のダート戦でデビューを予定していた のですが、除外されてしまいました

記事を読む

グランソヴァール

デビューに向けてトレセンで調教を積んでいるグランソヴァール。 5月5日の入厩から現在まで尾関厩

記事を読む

6/20 トレセンレポート

新馬戦も始まりましたし、2歳馬への注目が高まってきているのではないかとは思いますが、 現在、当クラ

記事を読む

PAGE TOP ↑