『連闘は僕が一番得意なローテーション。』

公開日: : KEIBAコンシェルジュ棟広

こんにちは、むねひろ よしたかです。

今年アメリカで、無敗の三冠馬が誕生しました!!馬名はジャスティファイ。
史上13頭目の三冠馬で、無敗での三冠となるとシアトルスルー以来41年振り史上2頭目という快挙です!
アメリカの三冠レースは、そのローテーションの厳しさで有名。ケンタッキーダービー(5月5日)→プリークネスS(5月19日)→ベルモントS(6月9日)という全てに参加することすら難しい過酷さです。中1週・中2週で3レースですからね。現在の日本では考えられません。
一番のポイントは、緒戦のケンタッキーダービーだったと思います。馬券は発売されていませんでしたが、3月31日のドバイワールドカップディに行われたUAEダービー(ダ千九)で、後続に18馬身半を付けて圧勝したメンデルスゾーンがムーア騎手を配してケンタッキーダービーに参戦。かなり高い確率でこのレースも勝利するのではと私は見ていましたが、当日はとんでもない豪雨の影響で田んぼを通り越すほど水が浮く馬場レベル。それが原因で力を全く発揮出来なかったメンデルスゾーンは、何と<20>着の殿り負けを喫することになってしまいました。
3歳デビューでのケンタッキーダービー勝ちが136年振り、そしてデビューから僅か111日という短期間での三冠達成。
また、マイク・スミス騎手は52歳での最高齢三冠ジョッキー。そして、ボブ・バファート調教師は2015年の三冠馬であるアメリカンファラオも管理しており、三冠競走での勝利を単独トップの通算15勝としました。記録尽くしですね!!

ジャスティファイ・メンデルスゾーンの父は同じスキャットダディ。
JRAでは僅か17頭しかデビューしていませんが、その内10頭が勝ち上がるという率の良さ。
一番の活躍馬であるミスターメロディ―は、ファルコンSを制しNHKマイルCでも<4>着に奮闘しました。
2015年に早逝しており、今年の2歳馬がラストクロップになってしまうのが大変惜しいところです……。

最近の日本の競馬でローテーションと言えば、やはり連闘で安田記念を勝利したモズアスコットでしょう!矢作調教師の『連闘は僕が一番得意なローテーション。』という共同記者会見でのコメントは、後世に残る名言となりました。
連闘でG1に挑戦することすら珍しくなった近代競馬。1989年に同じ安田記念を勝ったバンブーメモリー・1998年に阪神3歳牝馬Sを制したスティンガー以来、20年振り史上3頭目の快挙となりました。
このような凄い手腕を持った調教師が、身近におられるということを誇りに思います。
ハナズレジェンドも既に馬代金以上の賞金を稼いでいますし、2歳のスパーブアゲインはもう満口になってしまいましたが、1歳のミスペンバリー’17(父ロードカナロア)の募集が控えております。
https://www.hirootc.jp/sellhorses/view/10061/

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


棟広 良隆の最近の記事

クレッシェンドラヴ見事【福島記念】を勝利。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週の福島記念をクレッシェンドラヴが見事に勝利し、重賞初

記事を読む

先週を振り返って。

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週はミスが目立ちました。ピックアップする穴馬のレベルは

記事を読む

今週の出走予定(10日)、棟広良隆のレース展望

クレッシェンドラヴ 19.11.10 15:20 福島11R 福島記念(G3・芝2000m) 

記事を読む

追加募集馬早くも満口直前!!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 アスクコマンダー’18(父ワールドエース)・マルヴァーン

記事を読む

今週の出走予定(2日)、棟広良隆のレース展望

スノージュエリー 19.11.03 11:00 東京3R 2歳未勝利(混・芝1600m)  ☆

記事を読む

パンサラッサ圧倒的勝利!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週はパンサラッサが勝利。後続に2.5秒差を付ける凄い勝

記事を読む

グランソヴァールが勝利!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週はグランソヴァールがV。芝が駄目だとはまだ思いたくあ

記事を読む

エネイブル、凱旋門賞3連覇なるか⁉

こんにちは、むねひろ よしたかです。 今週は、日本ではG1がありませんが、フランスの凱旋門賞<

記事を読む

凱旋門賞まであと2週間!!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 エルコンドルパサーを降したモンジュー他で凱旋門賞を2勝してい

記事を読む

武豊騎手4100勝達成! 今後の記録にも期待!

こんにちは、むねひろ よしたかです。 先週は騎手の記録がたくさん出ました。 まずは、武豊

記事を読む

PAGE TOP ↑