先週末の中央競馬勝ち馬

先週土曜日の京都2歳S(G3)に出走したキズナ産駒のバスラットレオンは、1ハロンの距離延長もあったのか、直線では末が甘くなり6着。成長分もあったかとは思いますが、前走から+20kgと大幅な体重増での出走となり、陣営からは、「多少距離が短くても」というコメントも出ていたようですからね。

短距離を得意とするビアンフェ、マイル~中距離で実績のあるマルターズディオサ、中長距離で好走しているディープボンドなど、様々なタイプを輩出する種牡馬ですし、まだ2歳馬でハッキリとした適性が見えないこともあって、なかなか難しい判断となりそうです。キズナ産駒の平均距離(芝)は1700m少々というデータもありますが、次走を使って色々と見えてくるものもありそうですし、どのレースになっても、今後を占う上で注目の一戦となりそうです。

翌日の日曜日にはハーツクライ産駒のハナズレジェンドが初ダートとなるオープン競走で優勝という偉業を成し遂げてくれました。ハーツクライ産駒というと自身がそうであったように芝を得意とする産駒の割合が多く、一流馬はリスグラシュー、スワーヴリチャード等、芝で本領を発揮するタイプの種牡馬と思っていましたが、最近はタイムフライヤーのように、芝のホープフルS(G1)を制した後、ダートに転向してエルムS(G3)を制するという二刀流も出てきています。同馬の産駒のうち、初ダートでのオープン競走優勝という前例はどうやらなさそうですので、こちらも次走が注目の一戦となりそうです。ダートでのレースぶりに加えて勝ちっぷりも良かったですし、ぜひこの路線でも頑張ってもらいたいものですね。

そして、同日に行われたジャパンカップ(G1)ではロードカナロア産駒のアーモンドアイが無敗の3歳3冠馬2頭を抑えて古馬の意地を見せるという歴史に残る名勝負となりました。同レースに出走したステイゴールド産駒のクレッシェンドラヴは残念な結果となってしまいましたが、初G1挑戦でしかも強豪揃いのメンバーでしたので…。ただ、ここでもいい位置取りで競馬することができましたし、きっとこれもいい経験になってくれるのではないかとは思います。次走に向けて、放牧先で英気を養ってほしいですね。

ロードカナロア産駒のアーモンドアイがジャパンカップ(G1)制覇!
キョウエイカルラ’ 20残295口
父:ロードカナロア 母:キョウエイカルラ (母の父:アフリート)
当歳 栗毛 2020.05.02生 門別産
栗東・矢作芳人厩舎予定

さて、今週はマジェスティックウォリアー産駒ミンティエアー’20の所属予定が須貝尚介厩舎に内定したというアナウンスがありました。広尾サラブレッド倶楽部では初のお付き合いとなる訳ですが、ジャスタウェイ、ゴールドシップ、ソダシなど一流馬を輩出する厩舎でもありますし、ぜひこちらもご検討いただければと思います。

ミンティエアー’20募集中
父:マジェスティックウォリアー 母:ミンティエアー (母の父:アグネスタキオン)
当歳 鹿毛 2020.02.09生 浦河産
栗東・須貝尚介厩舎予定

先週末の中央競馬の勝ち馬(重賞は3着まで)のうち、18年産、19年産、20年産の募集馬の父(種牡馬)の産駒の活躍について調べてみました。ご参考になりましたら幸いです。

◆エイシンフラッシュ・・・レトロクラシック’19(※満口
ゴーストレート(牡2) 11/29 東京1R 2歳未勝利 芝1600m 1着

◆エスポワールシチー・・・スターリーソング(ウディバードソング’18 ※満口
ビーカレイジャス(牡2) 11/28 東京6R メイクデビュー東京 ダ1600m 1着

◆エピファネイア・・・ゴッドシエル(ゴッドフロアー’18 ※満口ベネディーレ’19(※満口
デアリングタクト(牝3) 11/29 東京12R ジャパンカップ(G1) 芝2400m 3着

◆オルフェーヴル・・・ヴィジャーヤ(デプロマトウショウ’18 ※満口
ラーゴム(牡2) 11/28 阪神11R 京都2歳ステークス(G3) 芝2000m 2着

◆キズナ・・・バスラットレオン(バスラットアマル’18 ※満口
クエストフォーラヴ(クエストフォーワンダー’18 ※満口
スンリ(牝2) 11/28 阪神4R 2歳未勝利 芝1600m 1着
ドリアード(牝2) 11/29 阪神6R メイクデビュー阪神 芝1400m 1着

◆ジャスタウェイ・・・ラヴマイウェイ(ハイアーラヴ’18 ※満口
モサ(牡4) 11/28 東京4R 障害3歳以上未勝利 芝→ダート3000m 1着

◆ドゥラメンテ・・・マーテル(マルヴァーンスプリング’18 ※満口
ジャングルキング(牡2) 11/28 東京5R メイクデビュー東京 芝1600m 1着
キングストンボーイ(牡2) 11/29 東京8R ベゴニア賞(2歳1勝クラス) 芝1600m 1着

◆ブラックタイド(キタサンブラックの父)・・・ショウナンカラット’19(父キタサンブラック ※満口
フィールザワールド(牡2) 11/28 東京1R 2歳未勝利 ダ1600m 1着

◆ミッキーアイル・・・クエストフォーワンダー’19(※満口
ショウリュウレーヴ(牡2) 11/28 阪神2R 2歳未勝利 芝1400m 1着

◆モーリス・・・カイザーノヴァ(ステラリード’18 ※満口
ティフォーザ(牝2) 11/28 阪神6R メイクデビュー阪神 芝1600m 1着

◆リオンディーズ・・・マミリアス(ハニーハント’18 ※満口
フクウン(牡2) 11/28 東京2R 2歳未勝利 ダ1400m 1着
ジュリオ(牡2) 11/29 東京2R 2歳未勝利 芝1600m 1着
アビッグチア(牝2) 11/29 東京6R メイクデビュー東京 芝1800m 1着

◆ルーラーシップ・・・ウインアルエット’20(※募集中
バジオウ(牡2) 11/28 東京3R 2歳未勝利 芝1800m 1着
ワンダフルタウン(牡2) 11/28 阪神11R 京都2歳ステークス(G3) 1着
アサカディスタンス(牡6) 11/29 阪神8R 3歳以上2勝クラス ダ1800m 1着

◆ロードカナロア・・・ステラリード’19(※満口キョウエイカルラ’20(※残295口
アーモンドアイ(牝5) 11/29 東京12R ジャパンカップ(G1) 芝2400m 1着
サトノウィザード(牡4) 11/29 阪神10R 立雲峡ステークス(3歳以上3勝クラス) 芝1600m 1着

アラマサクロフネ’19残88口
父:ダノンレジェンド 母:アラマサクロフネ (母の父:クロフネ)
1歳 黒鹿毛 2019.05.01生 新ひだか産
美浦・中舘英二厩舎予定

父マジェスティックウォリアー産駒のハンディーズピークが2歳コースレコードで新馬勝ち!
レフィナーダ’19残240口
父:マジェスティックウォリアー 母:レフィナーダ (母の父:サンデーサイレンス)
1歳 黒鹿毛 2019.05.22生 新ひだか産
美浦・高柳瑞樹厩舎予定

アスカビレン’20残口わずか
父:エピファネイア 母:アスカビレン (母の父:ブラックタイド)
当歳 栗毛 2020.04.06生 浦河産
栗東・池江泰寿厩舎予定

所属予定厩舎が「栗東・松永幹夫厩舎」になりました!
ウインアルエット’20募集中
父:ルーラーシップ 母:ウインアルエット (母の父:ダンスインザダーク)
当歳 鹿毛 2020.02.03生 浦河産
栗東・松永幹夫厩舎予定

本記事が「いいね!」と思ったら「いいね!」のクリックをお願いします。


スタッフ なかむらの最近の記事

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

新潟開催が終了し、今週から東京、京都の2場開催となりますが、そんな中、東京では3歳馬の頂点を決定する

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

東京では昨晩から今朝にかけて降雨があるなど、天気が変わりやすかったのですが、この先は割と晴天が続くと

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

GWが明けから変わりやすい天候なのですが、晴れると暑く、雨だと少し肌寒く感じられるため、寒暖差で体調

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

ゴールデンウィーク前半戦が終了しましたが、中には10連休という方もいらっしゃるようで羨ましい限り。暦

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

いよいよ今週から6週連続G1が開幕します。今週の春の天皇賞から始まって安田記念まで1か月以上もの間、

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

渋谷の街中では、連日のように観光で訪れる外国人に遭遇します。以前は、割とアジアからの観光客が多かった

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

先日、観光で訪れている外国人が桜の下で写真撮影している姿を見かけたのですが、物珍しそうに桜を観賞して

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

3月末には春を通り越して初夏を感じさせるような陽気になるなど、ちょうどそのあたりから気温が上昇し始め

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

春の長雨といった感じで、今週は雨が多かったように感じます。季節の変わり目ということもあって気温のアッ

記事を読む

no image

先週末の中央競馬勝ち馬

先週末に行われた阪神大賞典(G2・芝3000m)はテーオーロイヤルが直線で抜け出すと、2着馬に5馬身

記事を読む

PAGE TOP ↑